あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Apple Watch Ultraは2026年に10%大型化しマイクロLEDディスプレイを搭載する可能性

台湾の調査会社TrendForceは、Appleが今後数年のうちに、より大きなディスプレイを搭載した新バージョンのApple Watch Ultraを発売する可能性について報じている。

以前、Appleは2025年にApple Watch UltraのバージョンでマイクロLEDディスプレイ技術をデビューさせる計画だと報じられた。同社は近い将来、ディスプレイ技術を切り替える計画を持っているが、正確なリリース時期についてはよくわかっていないが、TrendForceはApple Watch Ultraのディスプレイサイズは2026年に10%大きくなる見込みだと報じている。

AppleはiPhone 15の新モデルとともに、新しいS9チップを搭載した第2世代のApple Watch Ultraを発表した。新しいチップは、前モデルと同じデザインで発売されたApple Watch Ultraに大幅な性能向上をもたらした。同社はさらに数年間同じデザインを使用することも可能で、シリーズ9よりも比較的新しい。しかし、Appleは2026年にApple Watch Ultraを全面的に刷新し、ディスプレイを10%大きくする予定だ。

Apple Watch Ultra 2は現在、初代モデルと同じ1.93インチのディスプレイを搭載している。TrendForceによると、Appleはディスプレイサイズを2.12インチに拡大する計画で、これは他のデザイン変更も含まれることを意味する可能性がある。Appleはまた、OLEDディスプレイ・テクノロジーからカスタム・マイクロLEDスクリーンに変更する計画だ。新しいディスプレイ技術は、既存のOLEDスクリーンの2.5倍から3倍のコストになると見られている。もちろん、これは1つの部品に過ぎないが、約80ドルのコスト増となり、Appleは小売価格の値上げでこれを回収しようとするようだ。実際には、Appleは新しいディスプレイ技術の優位性を宣伝し、より高い価格上昇を行うかも知れない。

AppleがウェアラブルにマイクロLEDパネルを搭載する計画の詳細を聞いたのは、今回が初めてではない。ディスプレイアナリストのRoss Young氏は、2023年1月に初めてこのニュースを伝えた。Apple Watch Ultra用の自社製マイクロLEDディスプレイは、OLEDパネルよりも多くの利点を持つだろう。マイクロLEDディスプレイを搭載したApple Watch Ultraは、より高い輝度レベル、強化された色再現性、より良い視野角、より高い彩度レベルを可能にする。さらに、このディスプレイはエネルギー効率も高いため、Apple Watch Ultraのバッテリー寿命が向上すると見られる。

品質に関しては、Apple Watch Ultraに搭載されるマイクロLEDディスプレイは、まるでガラスの上にコンテンツが描かれているかのように画像が飛び出すと以前から推測されていた。AppleはマイクロLEDディスプレイを搭載した最初のApple Watch Ultraモデルを2025年に発売すると以前は予測されていたが、TrendForceは、この技術は2026年に日の目を見るだろうと推測している。Appleはまた、マイクロLEDディスプレイ技術を発売後の追加製品に搭載する計画も持っている。しかし、マイクロLEDがiPhoneやiPadに搭載されるまでには数年かかるだろう。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする