Apple Vision Proヘッドセットは有機EL iPad Proと同時に2024年3月発売か

masapoco
投稿日
2023年11月21日 6:02
Apple WWCD23 Vision Pro lifestyle working 230605

Appleは、Vision Proヘッドセットを来年3月頃に発売する見込みだ。WWDC 2023イベントで初めて公開され、当初は2024年初頭の発売と言われていたが、BloombergのMark Gurman氏による最新の報告では、発売時期は2024年3月頃になるようだ。発売当初は、アメリカのみでの発売が予定されており、その後、徐々に他の地域への展開が進む形となっている。

AppleはVision Proの発売を公式に発表しているが、具体的な発売日は明らかにされていない。発売後、このヘッドセットはAppleの小売店で予約販売され、オンラインストアでも購入可能になる。Appleは、エンドユーザーにスムーズな導入体験を提供するため、今のところ公式店舗以外での販売は予定されていないようだ。

そして、今後も第三者販売業者がVision Proを販売することは、いくつかの理由から困難になると予想される。例えば、Apple Storeでは、予約を通じてユーザーに合わせたバンドや処方レンズを提供できるが、第三者販売業者はさまざまなバリエーションのヘッドバンドやレンズを在庫に持つ必要がある。これにより、販売業者には大量の部品を保管するためのスペースが必要となり、高額な保管コストが発生する可能性があるからだ。

Appleは現在、開発者向けにvisionOSをテスト中であり、発売時にはすべてのバグや問題を解決する計画だ。iPhone 15 Proの発売時には過熱問題が発生したが、Appleは同様のシナリオを避けたいと考えている。

最新のvisionOSベータ版には、ユーザー向けのオンボーディングビデオや資料が含まれており、これはAppleがVision Proヘッドセットの1月発売を計画していることを示唆している。iOS 17.2ベータ版には、Vision Proのためのいくつかのコンパニオンアセットも含まれており、これにはAirPlayレシーバーやiPhone 15 Proでの空間ビデオの録画サポートが含まれている。

Appleは、Vision Proヘッドセットの発売に合わせて、3月頃に春のイベントを開催する可能性がある。同時に、新しい有機ELディスプレイ搭載iPad Proも発売されると言われている。このイベントでは、WWDCの発表時には準備が整っていなかったVision Proの機能に関する追加デモンストレーションが行われる可能性もあるようだ。Vision Proの価格はXRヘッドセットとしては最高額の部類になり、3,499ドル(52万円)で販売される予定だ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Intel Meteor Lake Arrow Lake Lunar Lake Hot Chips 34 35 1030x579 1
    次の記事

    Intel Lunar Lake MXはTSMCのN3Bに外注する初の高性能CPUとなる

    2023年11月21日 6:49
  • 前の記事

    OpenAIの元CEO Sam Altman氏、Microsoftに入社し先進AIチームを率いると発表

    2023年11月20日 17:35
    Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事