Apple モンスター級の性能を誇る「M1 Ultra」チップを発表

masapoco
投稿日
2022年3月9日 4:12
M1-Ultra-Thumbnail

Appleは、3月9日(日本時間)3時より行われたスペシャルイベント「Peek Performance」において、これまで同社最高性能だった「M1 Max」のおよそ2倍の性能を誇る「M1 Ultra」を発表した。同日発表された「Mac Studio」に搭載される。

M1 Max2つを1つに統合した「M1 Ultra」

これまでのPCでは、CPU2つを搭載する場合はマザーボードを介することがほとんどだった。だが、その場合は転送速度がボトルネックになるという。

それを解決するために、実はM1 Maxにはこれまで公開されてこなかった秘密の機能が搭載されているとのこと。

その秘密とは、「ダイツーダイインターコネクトテクノロジー」と呼ばれる機能だ。

これは、マザーボードを介することなく、直接2つのダイを接続することが出来る機能で、これにより驚異的なパフォーマンスを実現しているとのことだ。

この技術は「UltraFusion」と呼ばれる。

まさに、M1 Maxを2つ直接つなげてしまったものが「M1 Ultra」だとのことだ。

これにより、メモリ帯域幅は驚異の800GB/sになっている。これは一般的なデスクトップPCの10倍以上の速度だ。また、ユニファイドメモリも最大128GBと、現状最高性能だったMacBook Proの2倍の搭載量が可能になっている。

また、ソフトウェアからは1チップと認識されるので、改めてコードを書き直す必要がないことも大きなメリットとなる。

20コアCPU。最大64コアのGPU 32コアのニューラルエンジンを搭載

M1 Ultraは、Windowsデスクトップパソコンで最速の16コアチップと比べて、同じ消費電力枠で最大90パーセント高いパフォーマンスを発揮。さらに100ワットも少ない消費電力で、Windowsパソコン用チップのピークパフォーマンスを発揮する。

M1 Ultraは、市販されている最もハイエンドのGPUより200ワットも少ない消費電力で、一段と高速のピークパフォーマンスを発揮する。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • macstudio and studio display thumbnail
    次の記事

    Apple 新型デスクトップ「Mac Studio」と27インチ「Studio Display」を同時発表

    2022年3月9日 4:13
  • 前の記事

    Apple 第5世代iPad Airを発表 M1搭載 74,800円から| 3月18日発売

    2022年3月9日 4:05
    iPad Air5gen top
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事