あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Bloombergによると、Appleは早ければ来年にも、モバイルデバイスのディスプレイ製造を、これまでの他社への依存から脱却し、自社製のスクリーン技術に置き換え始めるとのことだ。

Appleは、2024年後半に最高級のApple Watch(恐らくUltra)からこの試みを開始し、このデバイスを現在の有機ELスクリーンから、Apple独自のマイクロLEDに交換するという。Bloombergによると、Appleの自社製ディスプレイ技術は、iPhoneを含む他のデバイスにも導入される予定とのことだ。この新しいマイクロLEDディスプレイは、より明るく、より鮮やかな色彩で、時計の文字盤やその他のコンテンツがガラスの上に描かれているように見えるとされている。さらに、斜めからの視認性もアップするようだ。

これに先立って、著名リーカーからもAppleがApple WatchにマイクロLEDディスプレイを2024年以降に搭載する事が報じられており、長らく続いていたAppleの研究がついに実を結ぶ事になるかも知れない。

Bloombergの情報筋によると、Appleはディスプレイのデビューを2025年に延期する可能性があるとのことだが、この技術は同社にとって最も重要なプロジェクトの1つだという。Appleはその開発に数十億ドルを投じ、すでにApple Watch Ultraのアップデート版で新しいスクリーンをテストしていると伝えられている。また、カリフォルニア州サンタクララの施設でスクリーンを試験製造しているが、最終的には大量生産を外部に委託する可能性もあるそうだ。

Bloombergが指摘するように、Appleの自社製ディスプレイへの移行は、主にSamsungやLGといったサプライヤーにとって大きな打撃となる可能性がある。しかし、これらのメーカーはかなり以前からこの事態に備えていたのかもしれない。結局のところ、Appleがサードパーティ企業への依存を減らすために、独自のコンポーネントを開発してきたことは周知の事実だ。Appleは以前、MacコンピュータのためにIntelプロセッサから自社製チップに移行し、2025年までにiPhoneに自社製の無線チップセットを採用する計画だと伝えられている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする