あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Apple(アップル)は、現在開発中で次期リリース予定のwatchOS 9.2の第1弾ベータ版を開発者向けにリリースした。

昨日、10月25日にwatchOS 9.1が正式にリリースされたことを受けて、開発が次のバージョンへ移行した形となる。

合わせて、iOS 16.2及びiPadOS 16.2や、macOS Ventura 13.1なども、第1弾ベータ版が開発者向けにリリースされている

新しいwatchOS 9.2アップデートをインストールするには、デベロッパーはApple Developer Centerから構成プロファイルをダウンロードし、インストールする必要がある。

その後は、iPhoneのApple Watch専用アプリから「一般」>「ソフトウェアアップデート」でwatchOS 9.2をダウンロードすることが可能だ。新しいソフトウェアにアップデートするには、Apple Watchのバッテリー残量が50%であること、充電器に置かれていること、そしてペアリングしているiPhoneの範囲内にあることが必要となる。

watchOS 9.2アップデートの内容は不明だが、watchOS 9.1ではバッテリー寿命の改善、Matter対応、様々なバグフィックスが行われている。

パブリックベータもまもなく利用可能になる予定だ。

watchOS 9の新機能については以下を参照頂きたい。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする