Apple、2030年までにカーボンニュートラルを達成する予定

masapoco
投稿日 2023年4月6日 13:45
Apple Renewable Energy hero

Appleとそのグローバルパートナーは、再生可能エネルギーの使用量をほぼ30%増やし、2030年までにカーボンニュートラルを達成するとする同社の目標に向かって、着実に歩みを続けている。今回Appleは250以上の関連企業が2040年目標を達成するために取り組んでいることを発表した。

Appleは、世界中のサプライヤーが使用する再生可能エネルギー量が13.7ギガワットに達し、去年からほぼ30%増加していると述べている。Appleの生産の85%以上に相当する、28カ国の250以上のサプライヤーは、2030年までにすべてのApple製品の生産に再生可能エネルギーを使用することを約束している。

併せてAppleは、2022年のグリーンボンド費用を発表した。2022年3月には、iPhone SEに世界初の低炭素アルミニウムを使用すると発表していた。Appleは、大規模な太陽光発電、低炭素設計、エネルギー効率、二酸化炭素除去に投資すると発表している。

Appleのサプライヤークリーンエネルギープログラムには、過去1年間に40以上の製造業者が参加し、Appleは彼らと協力して炭素削減を特定し、無料の学習リソースやクリーンエネルギーアカデミーでのライブトレーニングを提供している。

「私たちの新しいサプライヤーの取り組みは、2030年のカーボンニュートラルという目標に向けて、私たちが急速に前進していることを示しています。私たちは、より環境に優しく、より革新的で、より強靭な未来を切り開くために、世界規模で緊急の行動を起こしています」と、Appleの環境・政策・社会イニシアチブ担当副社長Lisa Jackson氏は述べている。

米国では、Appleのプログラムに参加している企業は27社あり、その中にはBemis Associatesのように、Apple関連の全生産において再生可能エネルギー100%を達成した企業もある。Coherent社はグリーン・ユーティリティ・プログラムでその合計に近づいており、その他の企業も全国で太陽光や風力プロジェクトの電力購入契約(PPA)を結んでいる。

Appleは、これまでに47億ドルのグリーンボンドコミットメントのうち、32億ドル以上をを支出したという。2019年にグリーンボンドが支援する59のプロジェクトの中には、その生涯で「1350万メートルトン以上の二酸化炭素を軽減する」ことが期待されるものもあるそうだ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • water
    次の記事

    水道水中のリチウムと自閉症リスクとの間に関連性がある可能性が研究により初めて示唆される

    2023年4月6日 16:18
  • 前の記事

    米大統領、AIの危険性を警戒すると共にテック企業に安全な製品の開発を要請

    2023年4月6日 13:13
    ai chip image 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事