あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

The New York Timesのスクープから、Appleが、ニュースアーカイブのライセンス供与と、その情報を生成AIシステムのトレーニングに役立てることについて、いくつかの大手ニュース出版社と話し合っている事が明らかになった。NYTによれば、Appleは「少なくとも5000万ドル相当の複数年契約」について話し合っているようで、その対象としては、ファッション誌『Vogue』などのCondé Nast、NBC News、IACといった出版社が挙げられている。

接触は報じられているが、その後Appleが出版社のアーカイブのライセンスを実際に確保できたかどうかは不明である。NYTによれば、「Appleが接触した出版社の中には、この誘いに乗り気でないところもあった」とのことだ。

OpenAIやGoogle、その他のテック企業が日々生成AI関連の成果を公表している一方で、AppleはAI分野ではほとんど沈黙を守っている。

だが、AppleはAIに「1日数百万ドル」を費やし、追いつこうと懸命に取り組んでいるようだ。同社は最近、Appleシリコン上でうまく動作するモデルを構築するための機械学習フレームワークをリリースし、スマートフォンの限られたリソース上でLLMを実行する能力の最適化に取り組んでいる。またBloombergは、AppleがSiriの改良版を開発中であり、次のiOSのビッグリリースに向けてAIに焦点を当てた機能を計画していると報じている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする