あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

ここ数ヶ月の間に、iOSやAndroidデバイス向けにサードパーティのアプリストアや決済システムをより現実的なものにするために、様々な動きがあった。今日、新たな報道では、日本政府がこれらの製品向けにさらに多くのアプリストアを立ち上げる可能性のある提案を提出する予定であると主張している。

日本経済新聞によると、政府は2024年中に国会に法案を提出する予定とのことだ。規制案が2024年に国会で可決されれば、日本の公正取引委員会は、違反した場合に収益の最大6%まで企業に罰金を科すことができるようになるという。

新しい規制は、日本政府が懸念している開発者からの税金徴収についてもカバーする可能性が高い。2023年11月、日本国外に拠点を置くアプリ開発者への課税が困難なため、政府はAppleやGoogleへの直接課税を検討している事も報じられていた。

また、開発者は手数料の安い地元のフィンテック企業の決済システムを選ぶことができるようになるなど、日本国内の企業にとってもメリットが出てくる可能性がありそうだ。

国会で法律が可決されれば、日本政府がその法律の一部または全部を適用する企業を決定することになる。日経新聞によると、この法律は多国籍企業に適用され、日本企業には適用されない見込みだという。

Appleは、欧州連合(EU)でもiOSアプリのサイドロードを認めるよう迫られている。EUはデジタル市場法(DMA)を可決し、2022年に正式に発効した。この法律は、Appleを含むいわゆる「ゲートキーパー的企業」に対し、自社のOSをサードパーティに開放することを強制するものだ。

Appleは2024年3月4日までにDMAを遵守しなければならない。最近の報道では、AppleはDMAの期限前の2024年初頭に、欧州のiPhoneとiPadユーザーにこれらのデバイスでアプリをサイドロードできるようにすると主張している。Microsoftもまた、サードパーティのゲームをテーマとしたモバイルアプリストアに取り組んでいるが、現在の状況は不明である。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする