あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleのプラットフォームアーキテクチャ担当副社長Tim Millet氏とプロダクトマーケティング担当副社長Bob Borchers氏が、TechCrunchのインタビューに応じ、同社がチップ設計を内製化することになぜこだわっているのか?その利点について語っている。

Millet氏は、AppleがMacのラインナップをM1に切り替えるという選択において、iPad Proがいかに重要な役割を果たしたかを指摘しています。

「iPad Pro “のスペースに入り始めてから、『何かあるんじゃないか』と気づいたんです。私たちは、iOSデバイス用のチップを作る際に、テーブルの上に何かを置いておくということは決してしませんでした。しかし、このようなチップを他の筐体に搭載することで、パフォーマンスの観点から意味のある違いが生まれる可能性があることに気づいたのです。だから、M1では、大きなインパクトを与える機会にとても興奮しました。つまり、さまざまな方法でノートパソコンを持つことの意味を再定義するために、すべてをシフトアップさせたのです。」

Tim Millet – TechCrunch

そして、M1に続く次世代チップ群をリリースするとき、Appleは可能性の限界を押し広げたいと考えたという。Appleは、新しいチップのたびにわずかな性能向上を提供するのではなく、より大きく、より良いものを目指したかったとのことだ。

「M2ファミリーは、技術の限界に挑戦することで、リーダーとしての地位を維持することを目指したのです。20%増を3年に分けて、少しずつ増やしていくようなことはしません。1年で、一気に稼ぐ。それは、他の業界や歴史的に見ても、ありえないことです。」

Tim Millet – TechCrunch

Millet氏は、AppleとIntelの関係や、両社がいかにしてより良い製品を生み出す手助けをしてきたかについても触れている。

「Intelは、私たちがIntelマシンを出荷してきた数年間で、素晴らしいパートナーでした。彼らは、Appleが押し進める方向性に、実際にインスパイアされていたのです。そして、その相互作用が私たちの製品に恩恵を与えたと思います。もちろん、競合他社の製品もそのような相互作用から恩恵を受けることがありました。」

Tim Millet – TechCrunch

しかし、最終的には、Appleの設計チームは、チップ設計を内製化することに大きなメリットがあることを認識したとのことだ。

また、2人はMacがWindows PCに比べてゲームプレイの面で、やや不利な現状にあることを認めている。しかし、Borchers氏は、Mシリーズチップの新しいイテレーションが出るたびに、この状況は前進していると考えているとのことだ。

特に、Mac Studioの発表の席でカプコンのバイオハザードが登場した事は、AAAデベロッパーが自社のタイトルをMacで出すことに前向きであることを証明するものだという。

その上で、Millet氏は、Appleがゲーマーのことを決して忘れてはいないと述べている。Appleシリコンに移行する以前から、同社はこの市場を意識してきたとのことだ。

「この話は何年も前、この移行を想像していた時から始まっています。ゲーマーは真面目な人たちです。一夜にしてMacを素晴らしいゲームプラットフォームにするんだ、と言っても誰も騙されないと思うんです。私たちは長い目で見ていくつもりです。」

Tim Millet – TechCrunch

インタビューの最後には、Appleが自社のシステムをできるだけ多くの消費者に届けることをどのように考えているかが語られている。これは特に、M1 Mac miniより安く設定されたM2 Mac miniのようなエントリーレベルの製品が当てはまるだろう。

「私たちは製品を作る人間です。私たちのシステムをできるだけ多くの人に使ってもらいたいと考えています。Mac miniのフォームファクタは、創造性を発揮するための素晴らしい方法であり、率直に言って、世の中のためになると感じています。」

Tim Millet – TechCrunch

Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする