あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleは、現CEOのTim Cook氏の後任として、社内から複数の候補者を選出する綿密な後継計画に沿って動いているようだ。既にCook氏自身の口から、2021年に10年以内に同社を去る可能性があるとの発言もあり、後継者については常に憶測を読んでいた。BBCの最新のインタビューによれば、後任のCEOは社内から選ばれるようだ。

Tim Cook氏は、創業者のSteve Jobs氏亡き後、会社を着実に成長させ、Appleの製品ラインを10年間で拡大し、Apple WatchやVision Proヘッドセットなどを導入した。また、AirTagsやMagSafeなどの業界をリードする技術も導入している。Cook氏はJobs氏と比較され、イノベーションの欠如が常に批判されるが、Appleのサプライチェーンの発展に重要な役割を果たし、Appleを世界初の1兆ドル企業にした功績は否定のしようがないだろう。

BBCの「Dua Lipa: At Your Service」ポッドキャストでのインタビューで、Cook氏はAppleが彼の後任を準備していることを明らかにした。彼は「非常に詳細な後継計画」があると述べているが、次のCEOになる人物の名前は明かしていない。しかし、彼は自分の仕事が、Appleで成功する能力を持つ幹部を訓練し、準備することであると述べている。

次のCEOが社外から雇われるかどうかは不明だが、Cook氏は社内の誰かがそれになることを望んでいるようだ。彼は、複数の候補者がいると述べ、最終的には取締役会がその幹部を選ぶとしている。Dua Lipaは、2050年までAppleにいて、環境に対するAppleの取り組みを見るかどうかを尋ねたが、Cook氏はCEOとしてどれだけ長く務めるかはわからないと答えている。

インタビューでは、Cook氏は、Appleについて「そこが大好きで、そこにいない自分の人生を想像できない」と述べている。彼は当面の間、CEOの地位に留まり、Appleの運営を続けるとのことだ。

この情報は、テクノロジー業界におけるリーダーシップの移行と、大企業の経営陣の計画性に関する重要な洞察を提供する。Appleのような大企業では、CEOの後任選定は単に個人の交代以上の意味を持ち、企業戦略や文化、さらには市場への影響にも関わる重要な決定事項だ。Tim Cook氏の後任が誰になるか、そしてその人物がAppleの未来をどのように導いていくかは、世界中の多くの人々の注目を集めることだろう。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする