あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Apple、世界初の3nmチップ「A17 Pro」を発表、GPUは史上最大の再設計を実施

AppleのiPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxには、ついに世界初となる量産型3nmチップ、「A17 Pro」が搭載される。

A17 Proは、前モデルのA16 Bionicの160億トランジスタを凌駕する、190億個のトランジスタを搭載したAppleの最先端モバイルチップだ。2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPUは従来よりも最大10%高速化されている。加えて、16コアのニューラルエンジンは1秒間に最大35兆回の演算処理が可能で、前世代と比較してなんと2倍以上の性能となる。合わせて、ProRes専用エンジン、AV1デコーダー、Proディスプレイエンジンも搭載されている。

a50b5e5dac2afc91cc3bebb43bff05bb

また、新しいUSBコントローラーによりUSB 3.0をサポートし、データ伝送速度は最大で10Gbpsへと高速化。ただし、対応USB 3.0ケーブルはオプションとなる。

加えて、A17 Proにはカスタムシェーダーアーキテクチャを採用した全く新しいGPUが搭載されており、Apple はこれを「Apple GPU 史上最大の再設計」と表現している。このGPUは6つのコアを持ち、従来のGPUよりも最大20%高速化されている。それだけでなく、このGPUは、メッシュシェーディング、ハードウェアアクセラレーションによるレイトレーシングなどを可能にする。

ebe144b076abd1f6d155064deaf3895d

A17 Proの性能については、デモでソフトウェアベースとハードウェアアクセラレーションによる比較が行われた。これまでのソフトウェアベースのソリューションでは10 FPS以下しか出なかったのに対し、ハードウェアアクセラレーションを使ったレイトレーシングのデモでは30FPSをコンスタントに出すことができ、レイトレーシング・アプリケーションにおいて4倍高速なパフォーマンスを発揮したとAppleは述べている。また、GPUとニューラル・エンジンは、アップスケーリングのために連携することもできるとのこと。

iPhone 15 Pro Series Apple 17 Pro Ray Tracing 3

Appleは、このGPUがモバイルゲームに大きな恩恵をもたらすとして、このチップによって可能になる新たなモバイルゲーミング体験を紹介している。『バイオハザード・ヴィレッジ』と『バイオハザード4』のリメイクは、コンソールやPCで発売されていたゲームだが、このチップの性能によりiPhone 15 ProとPro Maxで発売される予定だ。その美麗なグラフィックは、まさにスマートフォンレベルを大きく超える物と言える。Appleはまた、『Division: Resurgence』と『原神』『崩壊:スターレイル』を披露した。Ubisoftは『アサシン クリード ミラージュ』を2024年にiPhoneで発売すると発表した。

Apple A17 ProApple A16 Bionic
プロセスノード3nm4nm
トランジスタ数190億個160億個
CPUコア6 (高性能コア2基、高効率コア4基)6 (高性能コア2基、高効率コア4基)
GPUコア65
ニューラル・コア1616
ニューラル・エンジン処理性能毎秒35兆回毎秒17兆回

スマートフォンでのハードウェア・レイトレーシングについては、SamsungのGalaxy S22が搭載したExynos 2200が初となるが、普及率も高くなく先進的すぎたこともあり、モバイルゲームにおけるレイトレーシングの事例はまだほとんどない。今回A17 Proがハードウェア・レイトレーシングに対応したこと、そしてAndroidの次期フラグシップモデルに採用されるであろう、Qualcomm Snapdragon 8 Gen 3やMediaTekのDimensity 9300においてもハードウェア・レイトレーシングが実現されると言われており、今後はモバイルゲームにおいても更なる高画質化が進むものと思われる。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする