Appleもレイオフの波からは逃れられない模様

masapoco
投稿日 2023年4月5日 16:19
apple store istambul

Appleは、店舗の建設や維持を担当する従業員を対象に、一部役割の従業員を削減する計画でいることが、Bloombergにより明らかになった。報道によると、削減される人数は比較的少なく、すべて「企業小売チーム」の中にいるとのことだ。しかし、この動きは、店舗の維持管理の改善を目的としているとのことであり、人員整理の対象となった従業員は、社内の他の役割に応募することができるとのことで、即座に首が切られるわけではないようだ。その後、応募が受理されなかった従業員は、退職手当として4か月分が支払われる。

Appleは、昨年以来コスト削減のために変更を施してきたが、これまで大手テクノロジー企業のMicrosoftやGoogleのような競合他社とは対照的に、従業員の削減を回避してきた。しかし、Appleは請負業者との関係を終了するなどの措置はとっていた。Appleが従業員を解雇することは異例だが、業界全体と比較すると数は少なく、Amazonが27,000人、Metaが21,000人、Microsoftが10,000人、Googleが10,000人の従業員を解雇している。5年間でAppleのグローバルな従業員数は数万人増えており、最後に大規模な削減を行ったのは、トラブルが続いた自動運転車プロジェクト「Project Titan」で働いていた約200人だった。

だが、CEOの姿勢が従業員の不満を引き起こしているという報告もある。特に、CEOのTim Cook氏がオフィス内の協業をAppleの仕事文化の中心として説明しており、リモートワークに厳しい姿勢を取っている点は反感を買っている。一部従業員は、パンデミックが収束した頃にオフィス出勤を要請された後でも拒否し、一部の優秀なメンバーは、同社を去っている

Appleは、グローバルなビジネスの拡大に伴い、世界中で店舗を展開している。Appleは、優れた製品とサービス、そして高い顧客満足度によって、成功を収めている。しかし、競合他社との競争が激しさを増している中で、Appleは引き続きコスト削減や効率化に注力する必要がある。また、今後も従業員の不満に対応しながら、成長を続けることが求められている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • aws bp primarylogo 01
    次の記事

    AWS、世界中のジェネレーティブAIスタートアップを後押しするプログラムを発表

    2023年4月5日 16:31
  • 前の記事

    オーストラリア、セキュリティ上の懸念から政府端末でのTikTok使用を禁止

    2023年4月5日 15:46
    tiktok image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事