あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Windwos 11の次期バージョンで搭載される機能などをテストしている、開発者向けプレビュー「Windows 11 Insider Preview」が更新され、 Build22616がリリースされた。

Build22616についても、前回同様にDevチャネルとベータチャネルが同じビルドを受信するようになっている。

Buildのアップデートは、すでに導入済みの場合は「設定」アプリの[Windows Update]セクションからアップグレードできる。

Windows Insider Preview Build 22616の変更点

主な変更点は以下の通りとなる。

Windows 11 Insider Preview Build 22616の新機能
Xboxコントローラーバーの初期プレビューを試すことができるようになった

Windows Insiderは、コントローラーバーと呼ばれる機能の早期プレビューを試すことができるようになりました。コントローラーバーは、Xboxゲームバーの新しいビューのプレビューであり、最近プレイしたゲームやゲームランチャーにコントローラーで簡単にアクセスできます。

詳細はこちらから。

controller bar hero
ゲームに参加していないときに、コントローラーのXboxボタンを押して、コントローラーバーを呼び出せます。
Windows 11 Insider Preview Build 22616の大きな変更点
デスクトップの右下隅にある「透かし」がなくなった

デスクトップの右下隅にあるビルドウォーターマークは、このビルドには存在しなくなりました。これは、完了したことを意味するものではなく、透かしは将来のビルドで再度表示されます。

システムトレイの変更

Build22581で導入されたシステムトレイへの変更が無効になりました。システムトレイ、特に「非表示のアイコンを表示」フライアウトは、フライアウト内のアイコンを再配置する機能を含め、Windows11の元のリリースと同じように機能するようになりました。

タスクバー、スタートメニュー、フォーカス、ファイルエクスプローラーなどに関連した各種の不具合修正が行われている。

公式ブログでは、詳しい更新情報や修正された不具合の情報、既知の不具合の情報などが掲載されているので、インストールする前に一度閲覧しておくことをオススメする。

Windows 11 Insider Previewを利用する方法については、以下の記事を参照して欲しい。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする