AMD、世界初のNPU搭載デスクトップCPU「Ryzen 8000G」シリーズを発表

masapoco
投稿日
2024年1月9日 18:05
AMD Ryzen AI

AMDはCES 2024でデスクトップAM5 PC向けの新しいRyzen 8000G「Phoenix」APUラインナップに4つのプロセッサを発表し、同社の最新プラットフォームに1080p対応の統合グラフィックスを初めて導入した。

2つの主力 Ryzen 8000G プロセッサは、統合された高性能ニューラル プロセッシング ユニット (NPU) エンジンを備えた世界初のデスクトップ CPU でもあり、Intelに先んじてAI PCの戦場に戦力を投入することに成功している。

APUの最新ラインアップは、4つの新しいSKUで構成され、トップとなるのは8つのCPUコアとAMDのRDNA3ベースのRadeon 780Mグラフィックスを搭載したRyzen 7 8700Gだ。このAPUは、ディスクリート・グラフィックス・カードを必要とせず、ゲーミングやコンテンツ制作により高い費用対効果をもたらしてくれる。

このほか、AMD Ryzen 5 8600GとRyzen 5 8500Gが発表され、いずれも6CPUコアと統合型グラフィックスを搭載し、TDPは65Wとなっている。その下には、AMD Ryzen 3 8300Gが控えめなエントリーレベルの4コアを提供する。AMDはこれらのパーツに、SKUに応じてPhoenix(1)とPhoenix 2の両方のシリコンを採用する。つまり、上位のパーツにはZen 4 CPUコアのみが使用され、下位のパーツにはZen 4とZen 4cのCPUコアが混在することになる。

AMD Ryzen 8000Gシリーズ

AMDは2024年に向けて、AIに大きな焦点を当てており、Ryzen 7 8700GとRyzen 5 8600Gは、オンチップでより優れた生成AIパフォーマンスと推論機能を実現するRyzen AI NPUをシリコンに組み込んでいる。ここ数世代AMDがそうであるように、Ryzen 8000GシリーズAPUは新しいシリコンから作られているのではなく、Ryzen Mobile 7000/8000シリーズからPhoenixおよびPhoenix 2設計を採用し、デスクトップ用にパッケージされたモバイル・シリコンである。

AMD Ryzen 8000Gは、主にエントリー・レベルのユーザーや予算に余裕のあるゲーマーをターゲットとしており、Ryzen 7000デスクトップ・シリーズやRyzen 8000シリーズのモバイル・チップを魅力的なものにしている多くの要素を包含している。まず、新しいRyzen 8000Gシリーズの4つのSKUはすべてTDPが65Wで、モバイル製品よりも高いが、搭載されているRadeon RDNA3ベースのグラフィックスを考慮すると、デスクトップではまだ十分な余裕がある。

Zen 3ベースのRyzen 7 5700G、Ryzen 5 5600G、Ryzen 3 5300Gなど、これまでのRyzenシリーズAPUと同様に、AMDのZen 4シリーズAPUは、エントリーレベルのデスクトップ分野で競争力を維持しながら、モノリシックでモバイルを優先したダイの性能と電力効率の利点を提供する。この解像度は、ハイエンド・ゲーマーが慣れ親しんでいる1440pや4Kよりも低いものの、最新のSteamハードウェア・サーベイによれば、1080pは平均的なゲーマーが最も広く使用している解像度である。

コア数ベースクロックターボクロックGPUGPUクロックRyzen AI(NPU)L3キャッシュ容量(MB)TDP小売価格
Ryzen 7
Ryzen 7 8700G8x Z442005100R780M
12 CUs
2900Y1665W$329
Ryzen 5
Ryzen 5 8600G6x Z443005000R760M
8 CUs
2800Y1665W$229
Ryzen 5 8500G2x Z4
4x Z4c
3500Z4: 5000
Z4c: 3700
R740M
4 CUs
2800N1665W$179
Ryzen 3
Ryzen 3 8300G*1x Z4
3x Z4c
3400Z4: 4900
Z4c: 3600
R740M
4 CUs
2600N865WOEM
Only

AMDのRyzen 8000GシリーズAPUの仕様に焦点を当てると、現時点ではエントリーレベルのRyzen 3 8300GはOEMパートナーにのみ提供され、小売店では3つのオプションがユーザーに提供される。これらには、4C/8Tオプション(OEM)が1つ、6C/12Tが2つ、そして8C/16Tチップが1つ含まれている。

最上位のSKUであるRyzen 7 8700Gは、AMDのPheonixモバイル・シリコンをベースとしており、16スレッド(8C/16T)を駆動する8つの本格的なZen 4コアを搭載している。トップエンドのターボ周波数は5.1GHzで、ベース周波数は4.2GHzである。AMDのAM5デスクトップ・プラットフォーム向けAPUの本領を発揮するRadeon 780M統合グラフィックスを搭載し、RDNA3ベースで、Hyper-RXやFluid Motion FramesといったAMDの最新機能をサポートする。Radeon 780M自体は、12個のCU、768個のシェーダー・ユニット(1536個のALU)、クロック速度2.9GHzを備え、オンチップAI推論機能の三位一体の一部を形成しており、AMDは、Ryzen AI NPU、iGPU、CPUコアを組み合わせた場合、最大39TFLOPSのパフォーマンスを提供するとしている。

AMD Ryzen 5 8600Gは、8700Gの1つ下のモデルで、6つのZen 4コアを搭載し、ターボコア周波数は最大5.0GHz、ベース周波数は4.3GHzである。また、AMDのRadeon 760M RDNA3統合グラフィック・コアを搭載し、2.8GHzで8つのCUと512のシェーダー・ユニットを備えている。Ryzen 7 8700Gとともに、Ryzen 5 8600GもRyzen AI NPUエンジン・ブロックをシリコンに内蔵しており、どちらのSKUもAMDが2022年にザイリンクスを買収して得た技術を利用している。

3番目はAMD Ryzen 5 8500Gだ。AMDがPhoenix (1)からPhoenix 2シリコンに切り替えたからだ。8500Gは、2つのフルファットZen 4コアと4つのプチZen 4cコアを搭載している。チップ全体のベースクロックは3.5GHzで、Zen 4cコアは最大3.7GHz、大型コアは最大5.0GHzまでクロックアップできる。小型ダイへの変更は、8500GがRyzen AI NPUを失うことを意味し、統合GPUは4 CUのRadeon 740Mに低下し、GPUのピーククロックは2.8GHzとなる。これらの仕様により、Ryzen 5 8500GはRyzen 5 8540Uモバイル・プロセッサーと非常によく似ているが、TDPが65Wと高く、AMDのAM5デスクトップ・プラットフォームでの使用に適合している。

4つのRyzen 8000GシリーズSKUの最後の1つは、エントリー・モデルのRyzen 3 8300Gで、当面はシステム・インテグレーターとOEMのみに提供される。1つのフルZen 4コアと3つのZen 4cコアで構成され、1つのZen 4コアはターボ周波数で4.9GHzに達することができる。このチップは、CPUコアをさらに減らすだけでなく、L3キャッシュの半分を失い、CPUコア間で分割された4MBのL2に加えて、8MBのL3になる。

AMDは、Radeon 780M統合グラフィックスを搭載したRyzen 7 8700Gに焦点を当てたいくつかの社内パフォーマンス数値を提供した。AMDは、1080p、低詳細設定で多数のゲームを使用し、Ryzen 7 8700Gが『Cyberpunk 2077』、『Far Cry 6』、『Assassin’s Creed』などのAAAゲームを処理できることを紹介している:Valhalla』では平均60fps以上のフレームレートを実現している。『F1 2022』、『Dota 2』、『League of Legends』など、それほど負荷の高くないタイトルでも平均100fps以上を記録しており、PhoenixベースのZen 4コアとRadeon 780Mグラフィックスの組み合わせが、379ドルでデスクトップ・ゲームへの道を提供することを示している。

演算性能については、AMDはNVIDIA GeForce 1650を搭載したIntelの第13世代Core i5-13400Fと直接比較し、3DMark Physicsの性能は最大1.1倍、POV-Ray nTの性能は最大2.1倍としている。HandbrakeとLAMEでは、AMDは最大4.1倍の性能とそれ以上の性能を主張している。もちろん、ベンダーやメーカーが提示する数値はバイアスがかかっているものと見るべきだが、AMDはZen 4 APUでエントリーレベル市場を支配することを目指している。

AMDはRyzen 8000GシリーズにPhoenix APUのダイを両方使用しているため、ここからが少し面白くなる。Ryzen 5 8500G(6C/12T)とRyzen 3 8300G(4C/8T)の両方が、以前にリリースされたPheonix 2ベースのRyzen 3 7440Uのように、Zen 4コアの均質なブロックではなく、Zen 4と、より小型で電力効率に優れたZen 4cコアをミックスして使用している。

その結果、ピーククロック速度はチップ内のすべてのコアで一定ではなく、Zen 4コアかZen 4cコアかによって異なる。Zen 4cコアはサイズが小さく、全体的に消費電力が低いため、クロックスピードの上限が著しく低く、通常のZen 4コアの5.1GHzに対して3.7GHz程度となっている。

そのため、これらのデスクトップ・チップは比較的高いTDPのため、オールコアのターボ・シナリオに適しており、Zen 4cコアの使用は、AMDのモバイル・パーツに見られるよりも大きな影響を与える可能性が高い。

また、Phoenix 2の採用は、Ryzen 5 8500GとRyzen 3 8300Gが4 CUのRadeon 740Mという比較的小さなiGPUを搭載していることを意味する。しかし、Phoenix APUの基準では小さいとはいえ、AMDのメインラインであるZen 4デスクトップ・チップに搭載されている統合GPUの2倍のCU数(そして1世代新しい)であることは注目に値する。そのため、8300Gであっても、GPUが制限されたシナリオでは7900Xやその同類のGPUの周りを走り回るはずだ。

AMDのRyzen 8000Gシリーズ・プロセッサーはすべて、コア/スレッド数やどの統合グラフィック・チップが使用されているかにかかわらず、TDPが65Wとなっている。Ryzen 3 7440U(Phoenix 2)はオーバークロック可能ではなく、Ryzen 5 8500GおよびRyzen 3 8300Gと同様の構成であるため、これらのパーツがオーバークロック可能かどうかは不明だ。Ryzen 3 8300Gは4C/8Tチップ(基本的に)であるため、8MBのL3キャッシュしか搭載しておらず、ゲームには理想的ではなく、ディスクリートグラフィックスカードなしで基本的なタスクを処理するのに十分なiGPUを搭載したエントリーレベルのシステムに適している。

AMDによると、Ryzen 7 8700Gの小売価格は329ドル、Ryzen 5 8600Gは229ドル、Ryzen 5 8500Gは179ドルだ。3つのSKUはすべて1月31日から購入できる。Ryzen 3 8300Gはシステム・ビルダーにのみ提供され、システムに搭載され始めるのは2024年第1四半期末になる見込みだ。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • DB2024AU00019 large
    次の記事

    Vokswagen、車載音声認識システムにChatGPTを統合し会話を豊かにする

    2024年1月10日 6:21
  • 前の記事

    Getty ImagesとNVIDIA、ストックフォト用「商業的に安全な」AIツールを導入

    2024年1月9日 16:23
    Generative AI by iStock Powered by NVIDIA Picasso 1
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事