Amazon、生成AIによるショッピングアシスタント「Rufus」を発表

masapoco
投稿日
2024年2月2日 10:55
amazon rufus

Amazonは、顧客のショッピング体験を向上させる新しい生成AIツール「Rufus」を発表した。このツールは、専門的なショッピング・アシスタントとして設計されており、オンライン・ショッピング中のガイドとして顧客を導くために、質問に答えたり、おすすめ商品を紹介したり、比較を提供したりすることができるという。

Amazonによると、Rufusは商品カタログ、カスタマー・レビュー、コミュニティーのQ&Aフォーラム、その他のオンライン・ソースでトレーニングを受け、関連情報を収集している。現在では、最初の商品リサーチから個々の商品に関する具体的な質問まで、さまざまな段階で顧客を支援するために、顧客と会話形式で対話することができる。

Amazonのモバイルアプリを使用している顧客は、Rufusと対話するために、検索バーに質問を入力したり話したりすることができる。Rufusは画面下のチャット・インターフェースに表示され、ユーザーはフォローアップの質問をしたり、関連する質問候補を表示したりすることができる。

Rufusの具体的な用途として、同社は以下のような例を提示している:

  • 商品カテゴリーをショッピングしながら、何を見るべきかを学ぶ:顧客は、Amazonでより一般的な商品リサーチを行うことができ、「ヘッドホンを購入する際に考慮すべきことは何か」、「自宅で車のディテーリングを行う際に考慮すべきことは何か」、「清潔な美容製品は何か」といった質問をすることで、買い物のミッションの指針となる有益な情報を得ることができます。
  • 場面や目的別の買い物:顧客は、「寒冷地でのゴルフに必要なものは?」「インドアガーデンを始めたい」”といった様々な質問をすることで、アクティビティ、イベント、目的、その他特定のユースケースに基づいて商品を検索し、発見することができます。Rufusは、ゴルフのベースレイヤー、ジャケット、手袋から、シードスターター、鉢植え用ミックス、栽培用ライトまで、買い物可能な商品カテゴリーと、顧客がクリックしてより具体的に検索できる関連質問を提案します。
  • 商品カテゴリーを比較する手助けが得られる:「リップグロスとリップオイルの違いは何ですか」「ドリップ式と注ぎ式のコーヒーメーカーを比較してください」と質問できるようになったため、顧客は自分のニーズに最も適した製品の種類を見つけ、さらに自信を持って購入を決定することができます。
  • おすすめの商品を見つける:例えば、「バレンタインデーのプレゼントは何が良いか」や「5歳の子供に最適な恐竜のおもちゃ」など、Rufusは、特定の質問に合わせた検索結果を生成し、顧客がより詳細な検索結果をすばやく簡単に閲覧できるようにします。
  • 商品詳細ページで特定の商品について質問する:例えば、「このピッケルボールのパドルは初心者に適していますか」、「このジャケットは洗濯機で洗えますか」、「このコードレスドリルは持ちやすいですか」など、Rufusは、出品商品の詳細、カスタマーレビュー、コミュニティーのQ&Aに基づいて回答を生成します。

Rufusは現在、AndroidとiOSに最新のAmazonショッピングアプリをインストールした一部の米国顧客を対象にベータ版として提供されている。同社は今後数週間で、より多くのモバイルユーザーへのアクセスを順次拡大する予定と述べている。日本への導入時期などは未定だ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • mtia vi1
    次の記事

    Meta、NVIDIAへの依存度を下げるため、新たな「Artemis」AIチップの導入を今年中に計画

    2024年2月2日 11:07
  • 前の記事

    Appleのアクティブデバイス数が22億台を突破

    2024年2月2日 10:36
    apple iphone 5g
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事