AIヒューマノイドロボット開発の「Figure」がNVIDIAやAmazon創業者らから多額の出資を獲得

masapoco
投稿日
2024年2月25日 9:58
figure robot

Bloombergによると、ヒューマノイドロボットの開発を行っている米国のスタートアップFigureに、NVIDIA、Jeff Bezos、そして複数の大手テクノロジー企業が多額の投資を行っていることが明らかになった。同社は既に約6億7500万ドルの資金を確保しており、投資前の評価額は約20億ドルにもなるとのことだ。

Figureはテック業界で大きな関心を集めており、既にMicrosoftが9,500万ドルを、AmazonとNVIDIAの系列ファンドがそれぞれ5,000万ドルを出資していた。Bezos氏はExplore Investments, LLCを通じて1億ドルの出資を約束している。

Figureは、AIとロボット工学の能力を押し上げ、困難、危険、退屈に分類される製造作業など、望ましくない、あるいは危険な仕事を人間から置き換える事を目指している。実際同社は既にs、Figure AIは、AIを搭載したFigure 01ロボットを世界中の倉庫に配置することを目指している。Figure 01は、倉庫での作業を学習し実行できる自律型マシンだ。

この資金調達ラウンドには、2500万ドルを出資するIntel社のベンチャーキャピタル部門や、850万ドルを出資するLG Innotek社など、他の注目すべき投資家も参加している。Samsungの投資グループも500万ドルを出資している。これらの企業の参加は、AIを搭載したヒューマノイド・ロボットの可能性に対する幅広い関心を強調している。

今回の資金調達ラウンドは、ベンチャーキャピタルからの関心も高い。Parkway Venture Capitalは1億ドル、Align Venturesは9000万ドルを出資する。その他の支援者には、ARK Venture Fund、Aliya Capital Partners、Tamarack、Boscolo Intervest Ltd.、BOLD Capital Partnersが含まれ、出資額はさまざまである。

OpenAIも、初期の支援者として500万ドルを出資しており、以前はFigureの買収を検討していた。

当初は5億ドルの資金を求めていたが、MicrosoftとOpenAIの初期の関与がさらなる投資を呼び込む一助となったこともあり、今回の資金調達ラウンドは予想を上回るものとなった。

1X Technologies、Sanctuary AI、Teslaなどの企業も人型ロボットの開発に取り組んでいる。Figure AIの資金調達ラウンドの成功は、複雑な作業をこなし、労働力の課題に対処できるロボットの開発に対する関心と投資の高まりを浮き彫りにしている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 240223 crater scaled 1
    次の記事

    オデュッセウス月着陸船、転倒するもデータは送信中

    2024年2月25日 13:00
  • 前の記事

    Sunoの新しい音楽AIモデルがこれまでよりも遥かに印象的で自然な音楽を生成している

    2024年2月25日 7:55
    FireShot Capture 256 Suno AI www.suno .ai
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事