Adobe、Illustratorに生成AIにより再配色する機能「Generative Recolor」を追加

masapoco
投稿日 2023年6月14日 15:57

Adobeは、アーティストやデザイナーのために新たにAIによる様々な機能をIllustratorに取り入れた。ChatGPTのように、テキストプロンプトを使って、クリエイティブなプロジェクトのために新しいカラーパレットを探求することができるようになったのだ。

AIを活用した新しいリカラー機能「Generative Recolor」は、Adobeが先日発表した生成AI「Firefly」により実現している。

アーティストは、Generative Recolorを使用して、テキストプロンプトを使用してデザインを再カラー化することができます。「ネオンライト」、「サーモン寿司」、「キャンディポップのスプラッシュ」などのプロンプトを使用すると、プロンプトに基づいてデザインが再配色されるのだ。

再配色された画像は、通常通り変更・編集が可能なので、デザイナーは微調整をしながら完璧な仕上がりにすることが可能だ。

Generative Recolorは、全てのCreative Cloudメンバーで利用可能だが、英語版のAdobe Illustratorでのみ利用可能となっている。入力も英語のプロンプトにのみ対応するとのことだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • tatooine
    次の記事

    まるでSFのような、2つの太陽の周りを回る惑星が発見された

    2023年6月17日 16:27
  • 前の記事

    EUVリソグラフィーのブレークスルーにより、水素の消費量が80%削減

    2023年6月14日 14:38
    Business ASML Employees assembling an EUV system ASML top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事