サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

アルテミス1号、月への初のフライバイを完了

アルテミスIミッションの6日目に、オリオン宇宙船の太陽電池アレイの先端に取り付けられたカメラで撮影された、月の裏側の一部がオリオン宇宙船の真上に大きく浮かび上がっている。(Credit: NASA)

オリオン宇宙船は、11月21日(月)、月面に初めて接近飛行を行い、月面から130kmまで接近した。アルテミス1号の無人宇宙船が月の裏側を通過したとき、オリオンの軌道制御システムのエンジンが2分30秒間噴射し、カプセルを月の周りを回る遠距離逆行軌道と呼ばれるミッションに必要な軌道に乗せることに成功したのだ。

「この燃焼は、オリオンが月を周回するための準備であり、アルテミスが月を探索する上で、これまでで最大の推進イベントです。」と、月曜日のブリーフィングでアルテミスのミッションマネージャー、Mike Sarafin(マイク・サラフィン)氏は述べた。

このエンジン燃焼は、アウトバウンドパワードフライバイ燃焼と呼ばれ、月の周りを回るいわゆる遠距離逆行軌道に入るために必要な2つのマヌーバのうちの最初のものである。次の燃焼は11月25日(金)に行われ、ヨーロッパサービスモジュールに搭載されたエンジンを使用する。オリオンはこの軌道に1週間ほど滞在し、宇宙船のシステムをテストする予定である。遠距離逆行により、オリオンは月を6万4千キロ通過することになる。オリオンが地球から最も離れるのは、11月29日(火)午前6時5分(日本時間)、約432,000km以上となる予定だ。また、オリオンの月からの距離は、11月26日(土)午前6:53(日本時間)に約92,000km以上となる予定だ。これは、人間が搭乗する宇宙船が月を越えて飛行した中で、最も遠い距離だ。

Sarafinによると、ミッションチームは、アルテミス1号ミッションのSLSロケット、宇宙船、地上システムの性能を確認する機会を得たという。その結果は「目を見張るもの」であり、すべてが期待通り、あるいはそれ以上であったという。

「ロケットや宇宙船には、ミッションのどの部分についても疑問を抱かせるようなものは1つもありません。これは、ほぼグリーンライトフライトです。ミッションに制約を与えるようなものは何もなく、ただ、予想とは異なる動作をするものがあったということです。全体として、ミッションは計画通りに進行しています。」とSarafin氏は述べている。

フライバイの間、探査機に搭載されたカメラは、地球を遠景にした月の素晴らしい画像を送り返した。

オリオンからの映像を受信したNASA TVで、管制官のSandra Jones(サンドラ・ジョーンズ)氏が「”地球の出”と、そこに住む80億人の人類が見えてきた」とコメントした。

アルテミス1号の上昇・突入フライトディレクターであるJudd Frieling(ジャド・フリーリング)氏は、「このようなライブストリーミング映像が得られるとは思っていなかったが、システムテストの一環として、帯域制限をどこまで抑えられるかを見ていた。今後、帯域が確保できれば、ミッションからのライブストリームを放送する予定です。」と述べている。

52515232631 5592000365 c 580x435 1
アルテミスIミッションの6日目に、オリオン宇宙船の太陽電池アレイの先端に取り付けられたカメラによって撮影された画像で、オリオン宇宙船のすぐ向こうに月の裏側の一部が大きく広がっている。宇宙船は11月20日の日曜日に月の影響圏に入り、地球ではなく月が宇宙船に働く主な重力となる。(Credit: NASA.)

アルテミス1号は11月16日に打ち上げられ、50年ぶりに宇宙船が月面に到達したミッションとなった。NASAは、オリオン、SLS、そしてSpaceXが製造する月着陸船など、まだ製造されていないハードウェアを使用して、宇宙飛行士を月面に送り返すことを望んでいる。その最初の月面着陸は、早ければ2025年に打ち上げられるかもしれません。 アルテミス1号は、将来の飛行に必要な技術の多くを試験的に導入している。

オリオンは打ち上げから約25日後に地球に帰還し、オリオンの着水は現在のところ12月11日に予定されている。エンジニアは、欧州サービスモジュールの太陽電池アレイのカメラを使って、オリオンの外装を評価し、非常に良い状態であると判断した。そのため、オリオンの再突入はすでに許可されている。

Sarafin氏によると、12月5日に、アメリカ海軍とNASAの共同作業で、回収部隊をいつ、どこに展開するかを決定するためのチームが開かれるとのこと。回収地点は太平洋になる予定だが、正確な着陸地点は、さまざまな要因、とりわけ天候を考慮して決定される。

この記事は、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする