やっぱりAppleがNo.1? Snapdragon 8 Gen 2のベンチマークテストがリークされ、A16 Bionicの優位性が明らかに

ついに、Qualcomm(クアルコム)が最新のSnapdragon 8 Gen 2モバイルチップとプラットフォームを発表した。発表前にリークされた情報から、ついにAndroidスマートフォン搭載のチップが、長年後塵を拝してきたAppleのAチップの性能を超えることが出来るのかとの期待されたが、最新のベンチマークによると、iPhone 14 Proモデルに搭載されているAppleのA16 Bionicチップに及ばないことが明らかになったようだ。

Snapdragon 8 Gen 2が搭載されたスマートフォンが発売されるのは、2023年以降になるが、このチップのGeekbenchスコアがすでに未発表のAndroidデバイスでテストされていることが確認された。この結果によると、Snapdragon 8 Gen 2は、シングルコアで1485、マルチコアで4739のスコアを記録したことが分かった。だが、A16 Bionicは、シングルコアで1874、マルチコアで5372のスコアを記録しており、いまだAppleシリコンが優位に立っていることが分かる。ちなみに、iPhone 13 ProやiPhone 14の下位モデルに搭載されているA15 Bionicチップも、シングルコアスコアが1709と、Qualcommの最新チップより高いスコアを記録しているのだ。

FireShot Capture 060 vivo V2227A Geekbench Browser browser.geekbench.com
Snapdragon 8 Gen 2を搭載していると見られるAndroidデバイス (Credit: Geekbench)

ちなみに、第一世代のSnapdragon 8チップと比較して、新しいプラットフォームでは、CPU性能が35%、GPU性能が25%向上し、電力効率も向上しているとQualcommは述べている。

iPhone 14 Proに搭載されたA16 Bionicチップは、最新のSnapdragon 8 Gen 2チップと同様にTSMCの4nmプロセスで作られており、どちらも性能とエネルギー効率の向上を実現している。

先日発表されたMediaTekのDimensity 9200についても、既にGeekbenchのスコアが流出しているが、それによるとシングルスコア1,353、マルチスコアが4,055となり、Snapdragon 8 Gen 2よりも低いものだった

ただし、これらの値はまだ最適化が進んでいないための物である可能性もあり、実際にデバイスが発売されてみないとまだ確かなことは言えないが、Appleの牙城はやはりそう簡単には崩せないのかもしれない。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする