サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

Amazonが1万人規模の大規模人員削減を計画、デバイス関連の開発に影響か

Amazon(アマゾン)が約1万人規模の人員削減を計画しており、早ければ今週にも開始されるとThe New York Timesが報じている。人員削減の対象は、Amazonの自社製デジタルアシスタント「Alexa」を含むデバイス関連部門が主なようだ

この発表は公式な物ではないが、もし事実であった場合、Eコマース企業の歴史上、最大の削減となる可能性がある。Amazonの150万人以上いるグローバル従業員の1%未満ではあるが、それでも1万人という数字はインパクトが大きい。

世界中が経済的混乱に向かうなか、テック業界での大規模な人員削減がここ数週間で相次いでいる。先週、Metaは11,000人以上を解雇すると発表した。Lyft、Stripe、Snapchatはいずれもここ数カ月で従業員を解雇している。そして、Twitterも従業員数を半減させたが、同社に残っている人たちも、CEOのElon Musk(イーロン)氏曰く「倒産の危機」にさらされているといい、状況は芳しい物ではなさそうだ。

歴史的に見ると、ホリデーシーズンは通常、Amazonにとって安定を意味する。しかし、今年、同社は経済状況の悪さを理由に、すでに新規の採用を凍結している。

Amazonは過去2年間に従業員を倍増させ、パンデミックによってEコマースの需要が急増したため、拡大路線に舵を切った。しかし、その後のインフレと人々のコスト削減意識への変化により、Amazonの成長はこの20年間で最低の速度に鈍化した。

Amazonは何千ものAlexa対応製品を販売しているが、同社の収益全体で見るとかなり低い利益率の製品だ。その代わり、Amazonはこれらの製品を、顧客が他の方法で消費する可能性が高いAmazon経済圏に取り込むための手段として見ている。デバイスを安価に販売して、ソフトウェアなどで稼ぐというPlayStationの方法にも似ているだろう。

だが、同様に大幅な人員削減を行ったMetaも、開発中のいくつものデバイスについて、社内では中止が下されたとの情報もある。

高いインフレ率、経済成長の鈍化、エネルギー危機などによる不透明な世界情勢の中で、稼げる分野に投資を集中し、安定を図ろうとするのは、企業の動きとして当然の物かもしれない。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする