マイクロソフト、Windows 11 22H2によるゲームパフォーマンスの低下を認め、今後の修正を約束

Windows 11 logo

スポンサーリンク

2022年9月にWindows 11 2022アップデート(バージョン22H2)が公開された後、ユーザーはこのアップデートによってゲームやその他のパフォーマンスに問題が起こっていることに気付いた。特にNVIDIA製のGPUをシステムに搭載しているユーザーは、ゲームのパフォーマンスが顕著に低下していることに気付き、これを報告していたNVIDIAは、Windows 11 22H2の新しいGPUデバッグツールが事態を混乱させ、ゲームのパフォーマンス低下につながったとし、問題の原因をMicrosoftに求めた。その後、NVIDIAがこの問題を解決するためのドライバをリリースしたにもかかわらず、問題は未解決のままだった。

それから約2ヶ月が経ち、Microsoftはようやくこの問題を認め、根本的な問題に対するNVIDIAの判断が正しかったことを認めたようだ。

Windows healthダッシュボードで、Microsoftはこの問題の詳細を発表し、影響を受けるデバイスのアップデートをブロックしたとのことだ。Microsoftはこう書いている。

Windows 11, バージョン 22H2 では、一部のゲームやアプリでパフォーマンスが低下したり、動作が不安定になったりする場合があります。影響を受けるゲームやアプリは、ユーザーが使用することを意図していないGPUパフォーマンスのデバッグ機能を不注意で有効にしています。

お客様のアップグレードを保護するため、この問題の影響を受けるデバイスに対して、Windows 11, バージョン 22H2 の提供またはインストールの互換性保留を適用しています。

また、回避策も提示されており、ユーザーの皆様にはゲームや関連アプリケーションをアップデートすることが推奨されている。

回避策:Windows 11 バージョン 22H2 をお使いの場合、ゲームおよびゲーム関連アプリを最新バージョンに更新することで、この問題を解決できる可能性があります。インストールされているゲームやアプリのアップデート方法が不明な場合は、それらのゲームやアプリの開発者に問い合わせる必要がありますが、ほとんどの場合、購入したストアを通じて、またはそれらを開くときに直接、自動的にアップデートされます。

最後に、Microsoftはこの問題の修正に取り組んでいることを表明し、ユーザーに対してOSの手動アップデートを行わないよう要請している。

次のステップ:現在、解決に向けて取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

注意:この問題が解決され、セーフガードが解除されるまで、Update nowボタンやメディア作成ツールを使って手動でアップグレードを試みないことをお勧めします。

問題はNVIDIA GPUでの問題とは別に、AMDのRyzen CPUでも、Windows 11 22H2におけるパフォーマンスの問題が報告されている。AMDは自社ではそのような問題に気づかなかったと主張しているが、ユーザーは実際に複数の事例を報告し、このパフォーマンス低下が事実だと訴えている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA