Windows 11のメジャーアップデート「バージョン22H2」が公開

Microsoftは本日、Windows 11バージョン22H2を一般公開した。Windows 11 2022 Updateとも呼ばれるバージョン22H2は、OSに多数の修正と改良をもたらすメジャーアップデートで、スタートメニューの改善、Windows 8時代のユーザーインターフェースデザインの追加、新しいタッチスクリーンとウィンドウ管理機能の追加などが行われている。

Source

現在、Windows 11 21H2を使用しているユーザーには、段階的にWindows Updateで2022バージョンへのアップデート通知が届く。これは、大きな問題がないか監視するために、バージョンアップを一気に行うのではなく、徐々にアップデートの範囲を広げていくMicrosoftの戦略の一環だ。この更新プログラムは最終的にすべての Windows 11 ユーザーに提供されるが、表示されない場合は、Windows 11 インストール アシスタントを使用するか、Windows 11 インストール メディアの新しいコピーをダウンロードして手動でインストールを起動することができる。

Microsoftの約束である「継続的な革新」に従い、22H2アップデートをインストールした人には、さらに多くのアップデートが用意されている。Microsoftによると、タブ付きバージョンのファイルエクスプローラー(その他の未発表のものも含む)は、10月にオプションのアップデートとして提供され、11月にすべてのWindows 11 22H2ユーザーに広くロールアウトされる予定とのことだ。

Microsoftの副社長であるJohn Cable氏は、「今後も、新しい機能や体験が準備でき次第、発表、文書化、提供する予定です」と書いている。

2022 Updateは、Windows 11のシステム要件を変更しない。新しいプロセッサや追加のセキュリティハードウェアを必要としないが、古いものまでサポートを拡張するわけでもない。しかし、Microsoftは、回避策を使用した、サポートされていないデバイスへのインストールについても、許可し続けるとも言っている。そして、まだWindows 10からアップグレードしていない場合、Windows 11への無料アップグレードオファーは今後も続き、Microsoftはこれを終了する予定はない。

通常、Windowsの新しいメジャーリリースには、新しいサポートスケジュールが伴う。Windows 11 22H2 HomeとProは24ヶ月間、EnterpriseとEducationエディションはより余裕のある36ヶ月間、アップデートを受けることができるようになる。21H2版のWindows 11は、2023年10月までアップデートが提供されるが、その時点で、22H2版またはそれ以降のバージョンに移行しなければ、アップデートを受け続けることはできない。

Microsoftはまた、Windows 10を2025年10月までサポートするという同社のコミットメントに沿って、Windows 11にアップグレードできない、あるいはしたくない人々のために、Windows 10バージョン22H2を今月末にリリースすると述べている。同社は、Windows 10 22H2に何が搭載されるかの詳細な記録をまだ公開していないが、すべての兆候は、新機能によってあまり何も含まれていないことである。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする