NVIDIA GeForce RTX 4080のベンチマークスコアが流出、RTX 3080より最大50%アップの高速化を実現

スポンサーリンク

発売までもうまもなくとなり、徐々にレビュアーの元にRTX 4080グラフィックボードが届き始めている中、いくつかのベンチマークテストの結果がリークされている。新たに登場したGeekbenchや3DMarkのテストによると、NVIDIAの新たなボードは前世代から大きな性能向上を遂げていることが確認出来る。

Geekbenchのテスト結果

まず、Geekbenchのテストから、GPUは、ASUS ROG Crosshair X670 ExtremeマザーボードとRyzen 9 7950X CPUを搭載したハイエンドシステムでテストされている。76個のCompute Units(Stream Multiprocessors)と9728個のCUDAコアを搭載し、16GBのVRAMを搭載したRTX 4080として正しく認識されている。

RTX4080 OPENCL 1
(Credit: Geekbench)

RTX 4080は、OpenCL、CUDA、VulkanのGeekbench APIテストでそれぞれ248,932ポイント、300,728ポイント、148,838ポイントを記録している。

GEEKBENCH SCORES
NVIDIA RTX 4080 Performance (Source: Geekbench)

公式ランキングによると、RTX 4080はRTX 3080と比較して、CUDAテストで45.7%、OpenCLで37.1%、Vulkan APIで29.9%高速化されている事が分かる。また、Ampereの最速GPU(RTX 3090 Ti)との比較では、5.4%~15.5%高速化されている。

3DMarkのテスト結果

ハードウェアリーカーMEGAsizeGPU氏によって、RTX 4080の3DMark TimeSpyテストのスコアが初めて公開された。公開されたスコアによると、TimeSpyとTime Spy Extremeで、それぞれ14,718と28,599のポイントを記録している。これは、これまでのリークや公式のゲーム性能データから、期待される値とほぼ同様の結果だろう。

RTX4080 3DMARK
NVIDIA RTX 4080 3DMark TimeSpy Performance (Source: MEGAsizeGPU)

MEGAsizeGPU氏は、3DMarkテストのフルスクリーンショットを掲載しており、実環境のGPUクロックも見ることが出来る。RTX 4080のブーストクロックはRTX 4090とほぼ同じ(2508MHz対2520MHz)であり、このテスト中に3.0GHzに近いクロックが見られるのはそのためだろう。ただ、テストされたカードがオーバークロックされたバリエーションである可能性も高そうだ。

RTX4080 CLOCKS
NVIDIA RTX 4080 3DMark TimeSpyクロック (Source: MEGAsizeGPU)

3DMark TimeSpyの結果では、RTX 3080の12GBモデル(10GBよりもコア数が多かった)よりも、51%から54%高い性能を発揮しており、Geekbenchのテストよりもこのカードの性能向上幅が大きく評価されている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA