Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

ios 16.1でデザインが修正され、対象デバイスが増えたバッテリーパーセンテージ表示の設定方法

iOS 16では、バッテリーの残量表示にパーセンテージを表示出来るオプションが追加され、これは、非常に小さな機能でありながら、(一部のAppleファンの間では)大きな反響を呼んだ。機能の追加自体は喜びを持って迎えられたが、UIデザインに対する評価が散々だったのは記憶に新しいところだ。

問題になったUIデザインでは、iPhoneが100%のバッテリー残量でない場合でも、バッテリーインジケーターのアイコンが満杯の表示になっており、低コントラストの数字がバッテリーのパーセンテージを表す仕様になっていた。

FZp hg3XwAAv7H2

だが、10月25日(日本時間)にリリースされたiOS 16.1iPadOS 16.1macOS Venturaも同時にリリース)では、AppleはこのUIの欠陥を修正し、バッテリーアイコンが数字の割合と連動して減少するようにデザインを改めている。これは、ベータ期間中のフィードバックが反映された顕著な例だが、フィードバックの重要性を示す好例でもある。Appleでさえも常に正しいことを行うとは限らず、ユーザーは積極的に間違いを正す必要がある。

iOS 16.1では、バッテリー残量のパーセンテージに合わせて、アイコンのグラフィックも変化している様子
iOS 16.1では、バッテリー残量のパーセンテージに合わせて、アイコンのグラフィックも変化する使用になった。

バッテリーインジケーターの変遷

iPhone Xの登場は、Appleがバッテリー残量の表示方法を変更する大きなきっかけとなった。以前は設定アプリでバッテリーパーセント機能を切り替えることができたが、ノッチを搭載したiPhone X以降のモデルは、パーセンテージ表示が消え、具体的に確認する際にはコントロールセンターのバッテリー残量表示を確認する必要があった。

96101ED6 6F1B 44C6 8D8F 2BCBC247CB00
iOS 16以前では、コントロールセンターのバッテリー残量表示で詳細を確認するしかなかった。

それがiOS 16で一変し、カスタマイズ可能なロック画面と並んで、ステータスバーにバッテリー残量表示が復活しただ。もちろん、この混乱は純粋に視覚的なものだった。iPhoneのバッテリー残量が20%なのに、バッテリーアイコンを満タンで表示していたのかは理解に苦しむが、Appleが侵した大きなミスと言えるだろう。

だがついに、iOS 16.1ではすべてが修正され、バッテリーのアイコングラフィックは、以前と同じように、バッテリーのパーセンテージと視覚的に一致するようになった。そして、パーセンテージ表示を併記することも可能になったのだ。この驚異的な機能を実装するために、Appleは5年もの歳月を要したのだ。iOS 16.1は、Appleにとって、1つの大きなマイルストーンと言えるだろう。

皮肉はこれくらいにしておいて、iOS 16では、バッテリーパーセンテージインジケータは一部のiPhoneでしか使用できなかったが、iOS 16.1では、iPhone XR、iPhone 11、iPhone 12 mini、iPhone 13 miniに設定する事が可能になった。

バッテリーパーセンテージインジケータを表示できるiPhoneの一覧は以下の通りだ。

  • iPhone 14、iPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max
  • iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XR
  • iPhone XS、iPhone XS Max
  • iPhone X

バッテリー残量のパーセンテージ表示

画面の右上にあるバッテリー表示にパーセンテージ表示を追加する設定は以下の手順だ。

STEP
[設定]アプリを起動し、[バッテリー]メニューに移動
S 5005339
STEP
[バッテリー残量(%)]をオンに切り替える
S 5005338

これによって、コントロールセンターなど、あらゆる場所にバッテリーのパーセンテージが表示されるようになる。

ロック画面にバッテリーウィジェットを追加する方法

さらに、ロック画面のウィジェットでiPhoneのバッテリー残量を表示することも可能だ。iOS 16のバッテリーロック画面ウィジェットは、デフォルトでは接続されたデバイス(AirPods、Apple Watchなど)のバッテリー残量を表示するようになっているが、少し手を加えることで、iPhoneのバッテリーも表示することができるようになっている。

設定方法は以下の通りだ。

STEP
ロック画面を長押し

ウィジェットを追加したいロック画面の下にある「カスタマイズ」ボタンをタップし、プロンプトが表示されたらロック画面を選択。

S 5013506
STEP
現在時刻の下にあるボックスをタップして、ウィジェットメニューを表示する
S 5005336
STEP
下の一覧からバッテリーウィジェットを選択する。
S 5005337
STEP
パーセンテージ表示のあるバッテリーウィジェットをタップするか、ボックスにドラッグ
S 5005340
STEP
追加されたウィジェットをタップし、「自動」をオフに切り替えて、デバイスの部分に使用中のiPhoneが選択されていることを確認
S 5013507
S 5005335
S 5005334 e1666754164934

これで、iPhoneのバッテリーを一目で確認できる専用のロック画面ウィジェットが配置される。常時表示機能搭載のiPhone 14 Proモデルを持っているか、隅にある小さなバッテリーのパーセンテージ表示アイコンよりも大きなウィジェットを好むなら、こちらがオススメだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする