サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

M2 iPad Proが10月後半に発表、新型Macは今年後半に登場予定と報じられる

今年新たに発表されたM2チップを搭載したMacBook Airの登場を受けて、M2チップを搭載したiPad Proの登場が近いとのうわさは以前から数多くささやかれていたが、ブルームバーグ(Bloomberg)のマーク・ガーマン(Mark Gurman)氏の最新のレポートによると、アップル(Apple)はM2 iPad Proを近日中に発表するとのことだ。ただし、同様にうわさされていた新しいMacは今年の末まで発売されないだろうとも。

新型iPad Proはマイナーアップデートに留まる

ガーマン氏によると、M2チップを搭載したiPad Proの新モデルが “非常に近いうちに”登場するとのことだ。コードネームJ617とJ620と呼ばれる新型iPad Proは、11インチと12.9インチのディスプレイを搭載し、現行のフォームファクタを維持する予定とのこと。

変更点は主に搭載チップがM1からM2に変更されることくらいで、マイナーなアップデートになりそうだ。M2チップはM1より約20%高速化されているとはいえ、ユーザーが現行iPad Proモデルと比較して性能の大幅な向上を実感することはなさそうだ。

加えてガーマン氏は、M2 iPad Proに加えて、新しいエントリーレベルのiPadも数日中に発表される見込みであると述べている。コードネーム「J272」と呼ばれるこのiPadモデルは、A14 Bionicチップを搭載し、新しいデザインに刷新され、Lightningの代わりにUSB-Cポートを搭載し、5Gにも対応すると言われている。

数日前、ガーマン氏はすでに、iPadOS 16.1が10月24日の週に一般公開されるとの見通しを述べていた。今回のアップデートでは、iPadの新モデルへの対応が追加されるため、早ければ来週にも同社が新型iPadを発表しても不思議ではないだろう。また、発表に際しては特別なイベントではなく、プレスリリースの形で製品が発表されるだろうと考えている。

新型Macは2022年末頃に発売か

ガーマン氏によると、Macについては今年の後半に、iPadとは別のタイミングで登場するとのことだ。

具体的には、14インチと16インチのMacBook Proの新モデルが “近いうちに”発売される方向で進んでいるとのこと。これらのMacBookは、より強力なバージョンのM2チップを搭載し、M2 ProとM2 Maxとなる予定だ。ガーマン氏のレポートでは、M2 Mac miniの登場も言及されている。

また、AppleはA14チップと4GBのRAMを搭載した新世代のApple TVを開発していると伝えられており、もし実現した場合、A12チップを搭載した現行モデルから大きく飛躍することになる。ただし、この新型Apple TVがいつ発表されるのか、詳細は不明だ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする