あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Apple、新型MacBook Airを発表 – M2搭載・デザイン刷新で4色展開

Appleは、6月6日(現地時間)より行われている開発者会議「WWDC 2022」において、新型MacBook Airを発表した。

Source

Apple : MacBook Air

新型「M2チップ」を搭載・4色・まったく新しいデザインで登場

噂の「M2チップ」を搭載し、完全に新設計で作られたMacBook AirがWWDC 2022で披露された。

薄さはわずか11.3 mm、重さはたった1.24 kgと驚異的なサイズを実現。体積も前モデルから20%削減されているという。M2によりファンレスデザインを実現。これまでのシルバーとスペースグレイに加えて、ミッドナイトとスターライトの2色が追加となった。

また、MagSafeが復活。接続時に充電ケーブルが誤って引っ張られた場合でもすばやく外れてMacBook Airが保護される。

ポートはその他に2つのThunderboltポートと、ハイインピーダンスヘッドフォン対応の3.5mmオーディオジャックを搭載。

Magic Keyboardは、Touch ID搭載のフルハイトのファンクションキー配列や、広々使える感圧タッチトラックパッドを搭載。

新しい13.6インチのLiquid Retinaディスプレイ

新しいディスプレイは13.6インチ。カメラ部分がノッチになっている、14/16インチMacBook Proと同じタイプとなり、より大きな画面領域が取られた。また500ニトの輝度でこれまでより25パーセント明るくなっただけでなく、新しいディスプレイは10億色に対応だ。

1080p FaceTime HDカメラと4スピーカーサウンドシステム

より大きなイメージセンサーとさらに効率の良いピクセルを備えた新しい1080p FaceTime HDカメラを搭載。画質が大幅に強化されているという。

4スピーカーサウンドシステムも搭載。さらに優れたオーディオ体験を提供する。MacBook Airはドルビーアトモスによる音楽や映画のための没入感のある空間オーディオにも対応する。

M2によりさらに向上したパフォーマンス

最新のM2により、MacBook Airのパフォーマンスがさらに向上。  

  • Final Cut Proでの複雑なタイムライン編集のような負荷の高いワークロードでは、パフォーマンスは前世代より約40パーセント高速になり、Appleシリコン以前のMacBook Airに比べると最大15倍高速になる。
  • Adobe Photoshopのようなアプリケーションでのフィルタやエフェクトの適用は、これまでより最大20パーセント高速になり、Appleシリコン以前のMacBook Airに比べると最大5倍高速に。
  • ディスプレイがさらに大きくなり、パフォーマンスが向上しても、バッテリー駆動時間は変わらず。最大18時間のビデオ再生が可能。

2ポート搭載の電源アダプタ

2つのUSB-Cポートを備えた、35Wコンパクト電源アダプタなど、MacBook Airはさまざまな充電オプションに対応。さらに、MacBook Airでは初めて、オプションの67W USB-C電源アダプタを使用することで、30分で最大50パーセントまで充電できる高速充電に対応した。

価格は164,800円~発売は7月予定

最小構成のM2(8コアCPU、8コアGPU)256GB SSD、8GBRAMの場合で164,800円となる。なお、標準で同梱品のUSB-C電源アダプタは2ポートではなく1ポートの模様。注文時に2ポートタイプや67W電源アダプタは選択できる。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share!!

関連コンテンツ

執筆者
Photo of author

masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事一覧を見る

コメントする