Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

iPhone 14 Pro MaxがAppleの受注増の6割を占める

iphone-14-pro-14-pro-max

Appleが減産を余儀なくされるほど、iPhone 14の需要が低迷している。とはいえ、13からほとんど変わっていないバージョンアップでは、当然の結果とも言えるが、同社にとって幸いなのは、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxには安定した需要があり、平均販売価格の上昇に寄与しているとのことだ。そして、特に売り上げに大きく貢献しているのが、6.7インチの大型バージョンと報告されている

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxが人気を集めているが、TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、この大型モデルについて、最新の「Pro」モデルの注文増加の60%を占めていると述べている。既に同士は、iPhone 14 Pro Maxがこの世代で一番の人気モデルになっていることを、自身のブログで投稿していたが、改めて言及している。この人気の高まりは、Kuo氏によれば、AppleのiPhoneのASP(平均販売価格)が今年の最終四半期に上昇することを意味し、今後の戦略に大きく影響を与えそうだ。

今年のiPhone 14では、Proモデルの改良点が多く見られ、ほとんど代わり映えのない標準モデルと大きく差別化されたことが話題になった。そして、驚くべきは、(ドルベースでは)Appleは同じ999ドルの価格を維持し、今年のiPhoneは値上げせざるを得ないだろうという事前の情報を否定する形になった。こういった差別化は、来年にAppleがiPhone 15 ProとiPhone 14 Pro Maxの後継機種とうわさされる「iPhone 15 Ultra」でも維持されることだろう。

ProでないiPhone 15シリーズとPro版の差別化が進めば、Appleはプレミアムモデルの価格を上げることができるようになり、利益率とASPを高めることができる。すでにiPhone 15 UltraはiPhone史上初となる潜望鏡ズームレンズを搭載した唯一のモデルになるという報道も出ており、この流れは今後も続くだろう。

それとは別に、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxに搭載されるA16 Bionicと同様に、Appleは2023年にA17 BionicをProモデルにのみ導入し、TSMCの第2世代3nmアーキテクチャを活用して量産すると噂されている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする