NASAがハリケーンを回避するためにアルテミス1号を車輌組立棟に戻すことを決定

スポンサーリンク

アルテミス1号の発射場がハリケーン「イアン」の予想進路上にあることから、NASAはスペース・ローンチ・システム(SLS)ロケットとオリオン宇宙船の安全確保を決定した。NASAは、これらロケットを車輌組立棟の安全な場所に戻す予定だ。この巻き戻しの様子は、以下のNASAのArtemis 1ライブストリームで見ることが可能となっている。

NASAは声明で、「管理者は月曜日の朝に会合し、ハリケーン『イアン』に関連する最新の天気予報に基づき、夜間に集められた追加データがケネディ宇宙センター地域の予想される状況の改善を示さなかった後に、この決定を下しました。この決定により、従業員が家族のニーズに対応し、ロケットと宇宙船の統合システムを保護するための時間を確保することができます。」と述べている。

先週行われたSLSの燃料補給テストは成功したものの、NASAはハリケーンの脅威のため、予定されていた9月27日の打ち上げを中止せざるを得なくなった。10月3日までにアルテミス1号を打ち上げることができなければ(現時点では可能性は低いと思われる)、次の打ち上げ機会は10月17日、場合によっては11月にずれ込む恐れもありそうだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA