大富豪の人口が最も多い都市が調査により判明

Bloomberg が火曜日の朝に報じたところによると、世界で最も億万長者の多い都市は、トップ10のうち半分がアメリカであることが明らかになった。トップのニューヨークは345,600人の富裕層を抱えている。意外なことに、2位は東京で304,900人だった。

ただし、上位10都市のうち7都市では、2022年上半期に富裕層が減少しているとのことだ。最上位のニューヨークでは富裕層人口が12%減少し、東京は8%減少している。逆に、3位のサンフランシスコ・ベイエリアは、今年成長を遂げた数少ない都市の一つであり、4%の上昇を記録した。上位10都市では、シンガポール(1%増)とヒューストン(8位、6%増)だけがプラスの動きを示している。

このレポートを作成したレジデンシーアドバイザリー会社のHenley & Partnersは、世界で最も急速に成長している25都市を、富裕層人口の観点から紹介した。1位はリヤド、2位はアラブ首長国連邦のシャルジャで、石油・ガス産業が盛んな都市が多くを占めている。

日本に関しては、20位以内には東京以外にはランクインしていないので、東京一極集中は依然続いていることが分かる。

ちなみに、中国は5位には入っていないがトップ10には9位北京、10位上海がランクインしている。ただし、どちらも減少が見られている。逆に杭州と深センは10%近い伸びが見られるとのことだ。

もちろん、多くの富裕層が都市間を行き来しているため、実際には、大富豪が多い地域を1つだけ選んで定住する必要はない。

大富豪が住む都市トップ20の全リストは以下の通りだ。

  1. ニューヨーク
  2. 東京
  3. サンフランシスコ・ベイエリア
  4. ロンドン
  5. シンガポール
  6. ロサンゼルス&マリブ
  7. シカゴ
  8. ヒューストン
  9. 北京
  10. 上海
  11. シドニー
  12. 香港
  13. フランクフルト
  14. トロント
  15. チューリッヒ
  16. ソウル
  17. メルボルン
  18. ダラス&フォートワース
  19. ジュネーブ
  20. パリ

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする