A16 Bionicチップのベンチマークテスト結果が判明、シングルスコアは伸びたがマルチは振るわず

Appleは、昨日新たなiPhone 14シリーズを発表し、上位モデルのiPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Maxにのみ、新たなA16 Bionicチップを搭載することを決定した。これは、iPhoneシリーズでは同世代のデバイスでは同じチップが搭載されていたという、同社のこれまでの方針とは趣を異にするものだ。このSoCが安価なiPhone 14とiPhone 14 Plusに搭載されていないのは残念だが、Proモデルをより差別化したいという同社の思惑の表れなのかもしれない。(一部では、製造プロセスの移行を一気に行うのが難しく、数を用意できないために、やむなくA16 Bionicの採用をProモデルのみに限定したという話もあるが、真実は不明だ)

では、A16とA15には、いったいどの程度、パフォーマンスに差が出てくるのか?今回リークされたGeekBenchのスコアでは興味深いことが分かった。

Geekbench 5 のスコアによると、iPhone 14 Proのシングルコア スコアは 1,879 で、マルチコア スコアは 4,664 とのことだ。一方、iPhone 13 Proのベンチマークテストはどうだったかというと、シングルコアスコアが1,797、マルチコアスコアが4,659だった。

このテストでは、A16 Bionic チップが以前のモデルと比較してシングル コアで 10% 高速に動作することがわかったが、マルチコアスコアについてはほとんど差がないことが判明した。

A16 Bionicチップは、4nmプロセスでの製造ということだが、どの製造会社に委託しているかは明らかにしていない。ただし、これまでもTSMCであったことから、今回も恐らくそうだろう。

A16とA15は、見比べてみると、コアの構成、数は変わっていない。下の比較表を見るとお分かりのように、同じコア数のCPUと同じコア数のGPU、そしてNeural Engineも同じコア数だ。

8bdfd574d1769a6e936de70671bc306d

微細化が進んだにもかかわらずコア数が変わらなかったのは、高い電力効率を実現するために、あえてコア数の制限を行った可能性が考えられる。それによって、iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Maxは、常時表示ディスプレイを搭載したにもかかわらず、優れたバッテリー持続時間を実現しているのかもしれない。

TSMCが4nmプロセスの改良型を使用してA16 Bionicを量産したかどうかは不明だが、そうでない場合は、AppleのA16 Bionicが、ライバルのQualcomm Snapdragon 8 Plus Gen 1と同じ製造プロセスで製造されたことになる

QualcommのフラッグシップSoCについて判明していることは、実際にiPhone 13 Pro Maxで動作するA15 Bionicをゲームテストで打ち負かし、しかも発熱も少なく動作しており、優れた製造プロセスに切り替えたときの差が表れている。つまり、A16 Bionicも、ベンチマークの数値以上により良い結果を期待できるはずだが、実際のデータがないため、少なくとも現時点ではA15 Bionicと比較することはできない。

それでも新しいiPhone 14 Proモデルはその他の新しい要素と相まって、かなり人気のモデルになると予想される。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする