Armがライセンス契約違反でQualcommとNuviaを提訴

Qualcommは、Appleの独自チップに対抗出来る様なカスタムチップセットの設計を強化するために2021年に14億ドルでNuviaの買収を完了した。だが、本格的な開発を進める中で、QualcommとNuviaが、Armのプロセッサ設計とアーキテクチャの使用ライセンスに違反したとして、Armによって訴訟を起こされることが判明した。

Armは2019年秋にNuviaに技術ライセンス契約(TLA)とアーキテクチャライセンス契約(ALA)を付与し、同社が既製のコア(複数可)を修正すること(TLA)と、Armが選択したアーキテクチャまたはアーキテクチャに基づくカスタムコアを設計すること(ALA)を認めている。ただし、これらのライセンスは一定の条件に基づいて付与されており、Armの同意なくQualcommに譲渡することが出来ないようになっていた。さらに、Qualcomm自身のALAおよびTLA Armライセンスは、2020年半ばに同社が説明したNuviaのカスタムPhoenixコアなど、第三者が異なるArmライセンスの下で開発したArmベース技術を搭載した製品には適用されないのだ。

結局のところ、Qualcommは昨年3月に同社を買収した後、Armの同意なしにNuviaのArmライセンスを新たに設立した事業体に移管しており、これはArmのライセンス契約における標準的な制限であるとArmは述べている。Armの弁護士は、QualcommがNuviaのライセンスを使用するための契約交渉に「1年以上」費やしたと主張しているが、両社は折り合いがつかなかったため、Armは2022年3月にNuviaのライセンスを終了させた。NuviaとQualcommは新しいライセンスを取得する代わりに、Phoenixコアをベースにしたプロセッサの開発を続けたが、これはライセンス契約違反であるとArmは述べている。さらに、NuviaとQualcommはNuviaの次期プロセッサについて語る際にArmの商標を使い続けていたため、違法に使用したことにもなるのだ。

Armは法的権利を守るため、Qualcommとその子会社であるNuviaに対し、ライセンス契約に違反し、Armの商標を違法に使用したとしてデラウェア州連邦地方裁判所に提訴した。ArmはQualcommに対し、Nuvia Phoenixのデザインの破棄と商標権侵害に対する公正な賠償を要求している。

Armは今回の訴えについて以下のように述べている。

「Qualcommは、Armのライセンス契約における標準的な制約であるArmの同意なしにNuviaのライセンスを譲渡しようとしたため、Nuviaのライセンスは2022年3月に終了しました。その日付の前後、Armは解決を求めるために複数の誠意ある努力をしました。これに対し、Qualcommは終了したライセンスの下で開発を継続し、Armのライセンス契約の条項に違反しました。Armには、当社のIPとビジネスを保護し、顧客が有効なArmベースの製品にアクセスできるようにするために、QualcommとNuviaに対してこの請求を行う以外の選択肢はありませんでした 。」

Nuviaは、高度にカスタム化されたArm ISAをベースにしたデータセンター向けシステムオンチップ(SoC)の開発を目指し、元AppleチーフプロセッサアーキテクトのGerard Williams氏が2019年秋に設立した企業だ。Appleは2019年末、Williams氏がAppleの次期チップに関する知識を違法に使用したとして提訴した。NuviaのPhoenixデザインは日の目を見ることはなかったが、最終的に同社は、クライアントPC向けの次期プロセッサに同社のデザインを使用するために、Qualcommに買収されることになった。Qualcommでは、NuviaベースのSoCは何度も延期され、現在は2023年末から2024年初頭にサンプリングが開始される見込みだ。それでも同社は、Nuviaの設計がいずれデータセンター向けプロセッサにも採用されることを発表している。

The Vergeに対する声明の中で、Qualcommのジェネラル・カウンセルであるAnn Chaplin氏は、「Armには、契約上であれ何であれ、QualcommまたはNuviaのイノベーションを妨害しようとする権利はない。Armの苦情は、Qualcommがカスタム設計のCPUをカバーする広範で確立されたライセンス権を持っているという事実を無視しており、我々はそれらの権利が肯定されると確信しています。」と述べている。

残念なことに、今回の進展により、両社は法廷で争うことになりそうで、一方または双方が合意に至らない限り、法的プロセスは何年も続きそうだ。

Armは同社のサイトで、同社の知的財産権についての考え方を交えてこう述べている。

「Armは、世界で最も重要な半導体IPのイノベーターとしての役割と、Arm上で動作する数十億のデバイスに誇りを持っています。これらの技術的な成果は、長年の研究と多大なコストを必要としたものであり、認識され尊重されるべきものです。知的財産企業として、当社の権利と当社のエコシステムの権利を保護することは責務です。私たちは、正当に私たちのものであるものを守るために精力的に活動し、裁判所も私たちに同意してくれると確信しています。」

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする