DJI 新たなFPVドローン「DJI Avata」発表 – ただし日本での発売は未定

世界最大のドローンメーカーであるDJIは、数え切れないほどのリーク情報を経て、本日ついに「DJI Avata」と「DJI Goggles 2」を発表した。これらは、誰もが楽しめる究極のスリリングな一人称視点での飛行体験を約束するとのことだが、残念ながら現時点では日本での発売は明らかにされていない。

Source

以下、ニュースリリースを転載する。

DJI、究極の没入型ドローン体験「DJI Avata」を発表

DJI Avata DroneとDJI Goggles 2は、DJIの比類なき技術により、スリリングな一人称視点フライトを実現し、あらゆるパイロットのドローンの可能性を押し広げます。

「DJI Avataは、すべての人の飛びたいと言う欲求を呼び覚ますために作られました。没入型の飛行テクノロジーにより、誰でもFPV飛行による、ほとんど体外離脱のような体験をすることができます。」と、DJIのクリエイティブディレクター、Ferdinand Wolfは述べています。「DJI Avataは、初心者のパイロットでも息をのむような飛行が可能で、安全機能も強化されているため、誰でも自由にクリエイティブな空中飛行に挑戦することができます。DJI Goggles 2やDJI Motion Controllerと組み合わせると、DJI Avataはまるで風に乗っているかのように飛行します。DJI Avataは、空撮を楽しむため、ソーシャルメディア用の素晴らしいクリップを作るため、あるいは制作スタジオで視聴者を驚かせるため、その魅力的な飛行体験があなたを新しい空撮の世界へ引き込む理由を教えてくれるでしょう。」

DJI Avataは、初心者からプロフェッショナルまで、新しいクリエイティブな道を提供します。そのユニークで小さなデザインは、標準的なドローンのシャーシを、スピードと敏捷性のために設計されたボディに縮小し、重量はわずか410g、さらなる安全のための空気力学的プロペラガードを含んでいます。1/1.7″CMOSセンサーと有効画素数4800万画素の強力なスタビライズドカメラは、4K/60fpsおよび2.7K/50/60/100/120fpsビデオなどのプレミアム映像機能を備え、高品質のビデオコンテンツを確実に撮影する新しいツールをプロデューサーに提供しています。最大18分間の飛行が可能で、飛行のたびに迫力のあるスリルを味わうことができます。

DJI Avataは、DJIの最新の飛行制御技術であるDJI Goggles 2と、手の動きに合わせてドローンを誘導するDJI Motion Controllerと組み合わせて使用することを想定しています。また、現行のDJI FPV Remote Controller 2とDJI FPV Goggles V2を使用して、ドローンを操作することも可能です。DJI Avataは、DJIの比類なき飛行技術により、一般的なドローンのようなホバリング、レーサーのような加速、狭い場所でのズームイン/アウト、そして一瞬の停止が可能です。DJI Avataが限界を超え、逆さまに落下しても、新しいタートルモードにより、反転して再び飛行することが可能です。

DJI Avata Born to Fly Cinewhoop drone 0014.jpg

DJI Avataのフライトコントロールとスタビライゼーション技術

DJI Avataの飛行制御技術と安定化技術の連携により、色鮮やかなプロ品質の動画を撮影しながら、理想的な楽しさを味わえるドローンとなっている。

DJI Goggles 2:高解像度と低遅延の伝送を実現

DJI Goggles 2は、他のDJIドローンに匹敵する鮮明なFPV映像を実現し、より小型・軽量で快適な装着感を提供する次世代ビデオヘッドセットです。DJI Goggles 2は、より鮮明なMicro-OLEDスクリーンと調整可能なディオプターを備えており、普段メガネをかけている方でもゴーグルを使用する必要がありません。DJI Motion Controllerと併用することで、機体やジンバルカメラを自由にコントロールでき、様々なシーンでの撮影ニーズに対応します。また、ゴーグル側面の直感的なタッチパネルにより、片手だけで簡単に設定を操作することができます。

DJI Avata 0001.jpg

DJI AvataとDJI Goggles 2は、正確な制御、超低遅延、H.265デコードによる1080p/100fpsの詳細な映像のための最も強力で信頼できる技術であるDJI O3+伝送を使用して接続します。約30ミリ秒の最小伝送遅延、10キロメートルの最長伝送距離、自動切り替えの2周波、50Mbpsの高ビットレート、最先端のアンチ干渉方式により、信頼性の高い配信を実現します。DJI Goggles 2は、携帯電話やパソコンのライブ映像をゴーグルの画面で確認できるワイヤレスストリーミング機能も備えており、臨場感あふれる視聴体験をお届けします。

DJI Avata Born to Fly Cinewhoop drone 0000.jpg

DJIモーションコントローラー

DJI Avata Born to Fly Cinewhoop drone 0002.jpg

DJI Motion Controllerは、片手の自然な動きに基づいて複雑な操縦を正確に行うことができる、完全に再発明された飛行制御装置です。直感的に操作できるため、まったくの初心者でもすぐに使い始めることができ、地面近くでの急降下、障害物の通過、狭い囲いを抜けてオープンスペースへの滑空など、連続した滑らかな動作で飛行できるようになります。

DJI Avata Born to Fly Cinewhoop drone 0003.jpg

超高速手ぶれ補正機能付き4Kイメージングシステムをアップグレード

DJI Avataは、1/1.7インチ48MP Photo CMOSセンサーとF2.8アパーチャー、最大155°の視野角を持つ超広角レンズによって、他のFPVレーサーと一線を画しています。これにより、DJI Avataは他のFPVレーサーとは一線を画しています。視野が広いため、最大4K/60fpsの没入型空撮やビデオ撮影が可能で、2.7K/100fpsのスローモーション映像も撮影可能です。DJI AvataのD-Cinelikeカラーモードは、広大なカラーパレットを提供し、作品に幅広い色彩的な修正を加えることができます。DJI Avataは、2つの主要な手ぶれ補正技術により、高圧的な空中操作の際にも、鮮明で安定した映像を維持します。DJI HorizonSteadyは画像の向きを水平に保ち、DJI RockSteadyは画像全体の揺れを回避します。すべてのデータは20GBの内部ストレージスペースに保存されるため、オンボードドライブにmicroSDカードがなくても、クリエイティブな写真を撮るチャンスが発生したときに、より柔軟で自発的な行動が可能になります。

DJI Avata Born to Fly Cinewhoop drone 0013.jpg

安全で安心な空の旅

DJI Avataに内蔵されたプロペラガードは、機体をより堅牢にし、危険性を最小限に抑えることで、小さな事故に耐え、タートルモードで反転した後でも、より安心して飛行させることができます。

DJI Avataの飛行中は、パイロットはさまざまな安全対策に頼ることができ、思い出に残る安全な飛行を体験することができます。すべての飛行モードにおいて、緊急ブレーキとホバーオプションが利用でき、飛行中のどの時点でもドローンを停止して所定の位置にホバリングすることができます。Failsafe Return to Homeは、ボタンを押すか、通信が途絶えた場合、またはバッテリーが危機的な低レベルに達した場合に、ドローンを自動的にホームロケーションに戻す機能です。

DJI Avata Born to Fly Cinewhoop drone 0005.jpg

DJI Avataは、その小さなサイズにもかかわらず、DJIが開拓し、ドローン時代の世界の空の安全を守ってきた業界をリードする安全技術を搭載しています。DJI Avataは、DJIのGEO 2.0ジオフェンシング技術を採用し、空域の制限や起こりうるリスクをパイロットに通知するとともに、空港などのリスクの高いエリア付近でのドローンの飛行を自動的に禁止することが可能です。DJI Avataは、航空機やヘリコプターが近くにいるときにドローンパイロットに警告するDJIのAirSense ADS-B受信技術や、重要なエリアでの空撮ドローンの監視を当局に支援するDJIのAeroScope信号も搭載しています。大多数のドローンパイロットは安全かつ責任を持って飛行しており、DJI Avataの高速性能は、ドローンパイロットが周囲に気を配るためのさらなる注意と配慮を必要とするかもしれません。FPVゴーグルを使用するドローンパイロットは、スポッターとなる目視観測者と組むべきであり、多くの管轄区域では、空域のリスクに目を光らせるために目視観測者を必要としています。常に安全かつ責任を持って飛行し、すべての飛行規制を理解し遵守するようにしてください。

DJI Avataは、赤外線センシングシステムと2つのカメラによる下方視認システムを搭載しています。航空機の現在位置の維持、より正確なホバリング、屋内など衛星航法が不可能な状況での飛行、水域など着陸に適さない地域の特定を支援します。DJI AvataとDJI Goggles 2は、ゴーグルを装着した状態で飛行中に中心を維持できるよう、ドローンが離陸した地点からホームポイントを表示します。このAR(Augmented Reality)視点は、パイロットが近くの場所を素早く見つけるのを助けるために、追加の方向感覚を提供します。

DJI Avata 0000.jpg
DJI Avata 0004.jpg

あらゆるレベルのパイロットに対応する臨場感あふれるフライト体験

DJI Avataは、初心者からプロまで、あらゆるレベルのパイロットがさまざまな飛行モードを選択できるようになっています。

ノーマル(N)モード。Nモードでは、DJI Avataは他のDJIドローンと同様に機能し、衛星ナビゲーションやドローン底面のビジュアルポジショニングシステム(VPS)を使用してその場でホバリングします。

マニュアル(M)モードで飛行すると、完全に自由自在にコントロールでき、FPVによる没入感のある飛行を体験できます(DJI FPVリモートコントローラー2使用時のみ)。経験豊富なユーザーは、設定を微調整して、他では味わえない飛行と撮影を体験できます。

スポーツ(S)モード。MモードとNモードを組み合わせた新しいハイブリッドモードであるSモードは、Mモードのダイナミックな動きと、Nモードの重要な安全面の一部を提供します。Sモードは3つのモードの中間に位置し、パイロットがドローンを使いこなす際に、より自由に自分の能力を試すことができるように設計されています。

DJI Avata Born to Fly Cinewhoop drone 0012.jpg

DJI Virtual Flight AppでFPVの達人になる

DJI Avataは、ドローンの操縦方法を徹底的に解説した「DJI Fly App」で操作します。DJI Virtual Flight Programは、初心者のパイロットが、簡単で楽しく、リスクのない環境でドローンの飛行操作に慣れることができる無料のシミュレーターアプリです。パイロットは、専用のコントローラーを使用して、さまざまな設定でDJI Avataを飛行させることができます。

フライトを盛り上げるアクセサリー

DJI Avataの新しいアクセサリーの数々は、パイロットにあらゆるフライトを最大限に活用し、機器を最大限に活用するための追加技術を提供します。

  • DJI Avata インテリジェント・フライト・バッテリー
  • DJI Avataバッテリーチャージングハブ
  • DJI Avataプロペラ
  • DJI Avata アッパーフレーム
  • DJI Avata プロペラガード
  • DJI Avata NDフィルターセット (ND8/16/32)
  • DJI 65W ポータブル充電器
  • DJI 65Wカーチャージャー
  • DJI ゴーグルキャリーモアバックパック

DJI Avataは、鳥のように飛びたいと思ったことがある人なら誰でも使える、最も使いやすく、爽快なFPV没入型飛行体験ドローンです。DJI Avataは、屋内外を問わず、飛行の恍惚とした感覚を確実に捉えることができる革新的なツールを制作者に提供します。DJI Avataの登場により、誰もが世界中を自由に旅する爽快感を味わうことができるようになりました。

DJI Avataの価格と在庫状況

DJI Avataは、store.dji.comおよびほとんどの正規販売パートナーで、さまざまな構成で販売されています。

リモコン、モーションコントローラー、ゴーグルなしのDJI Avataのソロバージョンは629ドルで、対応機種をお持ちのユーザーがドローンを操作し、そこから見るのに最適です。

DJI Avata、DJI Goggles 2、DJI Motion ControllerをセットにしたDJI Avata Pro-View Comboは1388ドルです。

DJI Avata Fly Smart Comboは1168ドルで、DJI Avata、DJI FPV Goggles V2、DJI Motion Controllerが含まれています。

DJI Avata Intelligent Flight Batteries 2個とDJI Avata Battery Charging Hub 1個を含むDJI Avata Fly More Kitは、279ドルです。

すべての新機能、アクセサリー、性能に関する詳細については、www.dji.com/Avata をご覧ください。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする