Intelが第13世代Raptor Lake CPUを2022年後半にデスクトップ・モバイル共に発売することを再確認

Intelは今年、次世代クライアントCPUの展開計画を変更し、デスクトップとラップトップ向けの第13世代Core「Raptor Lake」プロセッサの全種類を2022年に発売する予定だ。これは、同社の通常の新製品投入計画とは大きく異なるが、これによって追加収益を得ることができるかもしれない。

Intel CEOのPat Gelsinger氏は、金融アナリストや投資家との決算説明会で、以下のように語っている。

Alder Lakeのリーダーシップのもと、今年後半にはRaptor Lakeを、2023年にはMeteor Lakeを投入する予定です。現在の市場では、消費者向けや商業向けのプレミアムセグメントも比較的堅調に推移しています。この勢いに乗って、次世代製品群であるRaptor Lakeを今秋にデスクトップ向け製品から投入し、年末にはモバイル向け製品群も投入する予定です。Raptor Lakeファミリーは、2桁の性能向上やAlder Lakeとのソケット互換性など、お客様に大きなメリットを提供する予定です。そして2023年には、Intel 4をベースにした初の分解型CPUであるMeteor Lakeを提供する予定です。

Intel CEO Pat Gelsinger氏 – 2022年第2四半期決算発表会にて

Intelは、第13世代 Raptor Lake CPUを2022年後半に発売する計画を再確認している。Intelは今秋にデスクトップシリーズを、2022年末にモバイルシリーズをリリースする予定だ。これはつまり、モバイルRaptor Lakeは、モバイルAlder Lakeの発売から1年経たずに発売されることになる。

最近販売されているPCの大半はデスクトップではなくノートPCなので、IntelやAMDといった企業が通常行ってきたのは、1月上旬に開催される世界最大の家電ショー「CES」で最新/次期モバイルプラットフォームを正式に発表することだった。これにより、チップ設計者やOEMパートナーが多くのメディアに取り上げられ、高級ラップトップを販売するのにある程度貢献してきた。

しかし、CES 2022で消費者向けのプレミアムノートPC用部品を発表する前に、Intelは11月にデスクトップ向けの第12世代Core「Alder Lake」プロセッサを発表している。これらの製品は現在、ゲーム向けデスクトップCPUとして最高クラスであると同時に、ワークステーション向けCPUとしても最高クラスという、比較的珍しい組み合わせになっている。これにより、このマイクロアーキテクチャのモバイルバージョンにも注目が集まった。

今回、IntelはRaptor Lake搭載のモバイルマシンをホリデーショッピングシーズンに販売するために、デスクトップとモバイル版の発売までの期間を縮めるつもりのようだ。これにより、今年はよりプレミアムなモバイルSKUを販売することが可能になる。

Intel はまた、2022 年 9 月 28 日に開催される同社の年次イノベーション イベントを発表した。このイベントでは、Raptor Lake デスクトップ プロセッサの発表が予定されている。Raptor Lake CPU は 10 月に出荷される予定だ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする