WBのキャラクターが登場するスマブラ風格闘ゲーム『Mutiversus』がベータテストにもかかわらずSteamで驚異的な人気

masapoco
投稿日
2022年8月1日 10:55
multiversus roster HD

任天堂のスマッシュブラザーズシリーズによく似た、Warner Bros. Interactive Gamesが開発した2vs2の対戦ゲーム『Mutiversus』は、最近オープンベータテストが始まったと同時に、大きな話題となっているようだ。

オープンベータの前には、1週間程度の早期アクセスを実施していたが、限られた招待人数での実施にもかかわらず、『MultiVersus』はSteamの同時接続プレイヤー数が最大62,433人と印象的な数字を残していた。

オープンベータが開始された後、この新しい格闘ゲームは驚異的な数値を記録してる。オープンベータ開始当日は、Steam だけで 最大144,456 人の同時接続を記録したとのことだ(Steam DB)。ちなみに、これは現在Apex LegendsやGTA5などよりも多い接続数となっている。

コンシューマ機としては、PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series Xでもリリースされているため、実際のプレイヤー数はSteamだけの数字よりも多くなっていると考えられる。

このゲームには、ワーナーブラザースの人気キャラクターである、バットマンやバックスバニー、トムとジェリーなどが登場する。また、その他にもオリジナルのキャラクターが多数登場し、2人対2人で対戦する、任天堂の「スマッシュブラザーズ」の様なゲームとなっている。

ただし、2022年8月1日現在はただし、本作はSteamでは日本からは「お住まいの地域ではご利用できません」とロックが入っていてプレイできない(Steamのストアページ)。Epic Gamesストアにおいては日本からストアページの閲覧は可能だが、インストールしようとすると「この製品はお住まいの地域では現在ご利用いただけません」と表示される状態だ。今後の日本への展開に期待したい。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • lip image
    次の記事

    遺伝子研究により、ヘルペスウイルスが5,000年前には既に存在していたことが判明

    2022年8月1日 13:31
  • 前の記事

    Intelが第13世代Raptor Lake CPUを2022年後半にデスクトップ・モバイル共に発売することを再確認

    2022年7月31日 11:59
    Intel 2060x1159 1
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • play games pc open beta redesign

    Google、PCゲームの拡大やゲーム内“没入型広告”などの新たな取り組みを共有

  • rtx video super resolution full size scaled 1

    Microsoft、AMD、NVIDIAらが共同開発した「DirectSR」アップスケーリングテクノロジーがGDCで発表へ

  • palworld 02

    株式会社ポケモン、パルワールドに関して“パクり”調査を行う可能性を示唆

  • steam main back

    Valve、Steamにおける生成AIコンテンツを含むゲーム公開について新たなルールを発表

  • e sports

    ゲーム市場50年のシェアを視覚化、PCゲームがコンソールを大きく上回る10年が続く

今読まれている記事