AppleがmacOS Ventura 13.0の第2弾ベータ版を開発者向けにリリース

Appleは、現在開発中で次期リリース予定のmacOS Ventura 13.0の第2弾ベータ版を開発者向けにリリースした。

macOS Ventura 13.0の最初のベータ版リリースが、WWDC 2022に合わせて現地時間6月6日に行われたので、それから約2週間での第2弾ベータ版リリースとなる。

最新のビルドは、テストプログラムに登録している場合はApple Developer Centerを介してダウンロードするか、以前のベータビルドを既に実行しているデバイスの無線アップデートからダウンロードする事が出来る。

新機能についてのアナウンスはリリースされておらず、具体的な内容については確認中だが、主にバグ修正や、パフォーマンス向上がメインとなっている模様・

パブリックベータは7月にリリースの予定だ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする