iPhone 14 ProモデルのみA16 Bionic搭載 RAMもLRDDR5に

iphone

Apple関連の情報に詳しいアナリスト、Ming-Chi Kuo氏が自身のTwitterにて、次期iPhoneのスペックについていくつかの新情報を投稿している。これによると、Proモデルのみが新チップになりそうだ。

Source

Ming-Chi Kuo氏 : Twitterへの投稿

彼の投稿によると、新型iPhone 14シリーズは4モデル構成で、iPhone 14 Pro Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Max、iPhone14になるという。

また、次世代のSoCである、A16 BionicをiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxでのみ使用するように設定しているとのこと。これが事実である場合、同じ世代のiPhoneに異なるSoCを搭載するのは初めてとなる。

A16 Bionicについては、現在の5nmから4nmプロセスに変更となり、更なるパフォーマンスの改善と省電力化が進むとみられている。

また、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxについては、RAMもLRDDR5へとグレードアップするとの情報もある。(現行はLRDDR4X RAM)そして全ての機種で6GB RAMを搭載するとのことだ。

ProモデルのみがA16 Bionicを搭載するという噂については、以前より流れていたが、更に補完された格好だ。ただ、RAMについては、Proモデルは8GBになるとの話もあるため、情報が錯綜している。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする