xAI、プロンプト・エンジニアリングのための「PromptIDE」を発表

masapoco
投稿日 2023年11月7日 20:15
xai promptide 0

Elon Musk氏率いるxAIは、新たな生成AIチャットボット「Grok」の発表に続き、プロンプトエンジニアリングと解釈可能性研究の世界を革命することを目指し、全く新しい統合開発環境である「xAI PromptIDE」を発表した。このツールは、複雑なプロンプト技術の実装を可能にするSDKを提供し、ネットワークの出力を視覚化するための豊富な分析ツールを備えており、プロンプトエンジニアリングを加速するものだという。

PromptIDEの主な目的は、Grok-1(Grokを動かすモデル)をエンジニアや研究者にとってアクセスしやすく、透明性のあるものにすることだ。このIDEは、ユーザーが大規模言語モデル(LLM)の能力を迅速かつ効果的に探求できるように巧妙に設計されている。

IDEの中心にはPythonコードエディターがあり、新しいSDKを補完している。これにより、ユーザーは複雑なプロンプト技術を簡単に実装できる。プロンプトをIDEで実行すると、正確なトークン化、サンプリング確率、代替トークン、集約されたアテンションマスクなど、情報豊富な分析が提供される。

さらに、IDEには多くの品質向上機能が備わっている。すべてのプロンプトは自動的に保存され、組み込みのバージョニングにより、時間を追って変更を追跡できる。プロンプト実行中に生成された分析は永続的に保存でき、異なるプロンプト技術から得られる出力を比較することも可能だ。ユーザーは小さなファイル(例えばCSVファイル)をアップロードし、SDKの単一のPython関数を使用して読み取ることができる。

SDKの並行処理機能と組み合わせることで、中程度の大きさのファイルであっても驚異的な速度で処理できる。

また、搭載されているPython SDKがある。SDKは、複雑なプロンプト技術をエレガントに実装するための新しいプログラミングパラダイムを導入している。Python関数は、トークンのシーケンスとして表される暗黙のコンテキスト内で実行される。

ユーザーは、prompt()関数を使用してコンテキストに手動でトークンを追加することも、モデルを利用してコンテキストに基づいてトークンを生成するsample()関数を使用することもできる。sample関数にはさまざまな設定オプションがあり、トークン生成プロセスを細かく制御できる。

SDKは、@prompt_fnで注釈されたPython関数の並行処理を可能にするPythonコルーチンを活用している。この並行実行機能により、特にCSVファイルや大規模なデータセットを扱う場合にタスクの速度が大幅に向上する。

PromptIDEでは、user_input()関数を使用してインタラクティブなプロンプトを作成できる。これにより、実行が一時停止し、ユーザーがインターフェースのテキストボックスを通じて入力を提供するまで待機する。この入力は、prompt()関数を使用してコンテキストにシームレスに統合され、モデルとのダイナミックな対話を可能にする。

開発者は小さなファイル(ファイルあたり最大5MiB、合計で最大50MiB)をPromptIDEにアップロードし、プロンプトで使用することができる。read_file()関数は、アップロードされたファイルをバイト配列として取得する。この機能を並行処理機能と組み合わせることで、プロンプトのバッチ処理が可能になり、さまざまな問題に対するプロンプト技術の評価を容易にする。

現在、PromptIDEは早期アクセスプログラムのメンバーにのみ提供されている。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • a9iii hero
    次の記事

    Sony、世界初グローバルシャッター方式を採用した『α9 III』超高速フルサイズミラーレスカメラを発表

    2023年11月8日 6:26
  • 前の記事

    “汗をかく”ヒートシンクがパッシブ冷却性能を32%以上向上させる

    2023年11月7日 15:50
    71852ba9446a7a273e9c8dfd63e1a39c

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事