あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

アラブ首長国連邦で世界最大の単一サイト太陽光発電所が稼働開始

アラブ首長国連邦(UAE)は、世界最大の単一サイト太陽光発電所となる「アル・ダフラ太陽光発電発電所」の落成式を執り行い、完成を世界に向けて発表した。11月30日に開幕するCOP28を数日後に控えてのことだ。

この2ギガワット(GW)の太陽光発電所は、アブダビから35kmに位置し、約400万枚の二面ソーラーパネルを備えている。両面受光技術を組み込んでパネルの両面から太陽光を取り込み、収量を向上させる事が可能とのことだ。約20万戸の住宅に電力を供給し、年間240万トン以上の二酸化炭素排出を削減する。

Masdar Solar Plant
(Credit: EWEC)

建設期間のピーク時には4,500人の雇用を創出し、建設中は1日平均10メガワット(MW)の割合でソーラーパネルが設置された。

この巨大な太陽光発電所は、Masdar、Abu Dhabi National Energy Company(TAQA)、EDF Renewables、中国の太陽光発電開発会社JinkoPower、Emirates Water and Electricity Company(EWEC)によって共同開発された。

TAQAはプロジェクトの40%、マスダールは20%を所有し、残りのパートナーであるEDF RenewablesとJinko Powerはそれぞれ20%の株式を所有している。

砂漠を埋め尽くす広大なソーラーパネルも圧巻だが、このプロジェクトはクリーンエネルギーのコストの面でも記録的な物となっている。計画時は4.97 fils/kWh(2.02円/kWh)に設定され、決算時にはさらに4.85 fils/kWh(1.97円/kWh)に引き下げられた。

UAEの産業・先端技術大臣であり、Masdar社の会長、COP28議長でもあるSultan Al Jaber博士は、次のように述べた:「この世界をリードするプロジェクトは、太陽光発電の効率性、革新性、コスト競争力において目覚ましい進歩を示しており、過去最低の価格設定となりました」。

この発電所はEWECに電力を供給し、アブダビの太陽光発電容量を320万kWに引き上げる。EWECは9月、アブダビ近郊のアル・カズナで150万kWの太陽光発電所を開発する提案を募集した。UAEは、2030年までに再生可能エネルギー容量を3倍の14GWにすることを目指している。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする