あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Samsungが日本のアルバックと契約を結び、アルバックが供給する第8.5世代有機EL製造用垂直型真空蒸着装置について、両社が価格交渉を開始すると報じられた。この装置によって、2024年後半に発売が予定されている新しいiPadシリーズ用の有機ELパネルを量産することが期待されている。

The Elecが得た情報によると、Samsungは来月、タブレットやPCなどの各種コンピューティング機器向けの有機ELパネルの既存生産能力を拡大する第8.5世代有機ELの生産に投資するかどうかを決定する予定とのこと。スマートフォンに使用される第6世代基板ではなく、これらの大型パネルに第8.5世代基板を使用することで、より高いコスト削減効果が得られ、大型スクリーンの大量生産がより安価になる可能性があるという。。

Samsungは、11インチと12.9インチを含むiPad Proシリーズの新バージョン用に、LGとともに有機ELパネルを供給すると言われている。Appleは、iPad ProやMacBook ProにミニLEDを搭載したように、より高価な製品に先進のディスプレイ技術を導入するため、有機EL技術はまずiPad Proシリーズに、次に安価な製品に搭載されると思われる。

以前、SamsungとAppleは、iPad用のOLEDの生産をめぐって対立したと伝えられていた。Appleは、コストを犠牲にして、パネルの輝度を2倍に高め、寿命を4倍に延ばすのに役立つ2スタックタンデムパネルを望んでいた。その後、SamsungはAppleの要求する有機ELパネルを大量生産することに合意したが、それは十分な量の注文があった場合のみであった。

今回の情報を受けて、SamsungはiPadの第2世代モデル向けの有機ELスクリーンの量産を進める意向であるが、その実現には2〜3年かかると見られる。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする