あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

2022年、CNETは記事の生成にAIを使い始めた。しかし、一部の記事で深刻な文法上の問題や盗用が見つかったため、この取り組みは(表向き)は短期間で終わったが、この影響は未だ大きな爪痕を残しているようだ。Wikipediaが、AIによって生成されたコンテンツがサイトの信頼性に与える影響について編集者間で広範に議論した結果、技術系サイトCNETの信頼性評価を引き下げたことが、Futurismによって伝えられている。

Wikipediaには、「信頼できる情報源(Reliable Sources/Perennial Sources)」と名付けられたページがあり、信頼できるニュースソースが掲載されている。

CNETがAIを使ってコンテンツの一部を生成しているというニュースは、この「信頼できる情報源」プロジェクトのページにおけるWikipedia編集者の間で広範な議論が巻き起こした。

Wikipediaの編集者が、AIを活用して記事を生成する新しいプロジェクトについて議論した。編集者の一人は、文法の間違いや不正確な情報が多く、プロジェクトが円滑に進んでいないと述べた。

当時、CNETは信頼できる情報源とみなされていたが、このプロジェクトによって悪いイメージを持たれてしまった。編集者は、Wikipediaに誤って掲載された可能性のあるAI生成記事を積極的に探し、削除していることを明言した。

CNETの評価は、Wikipediaの信頼できる情報源リストで強調されているように、それ以来大きな打撃を受けている。Wikipediaはその信頼性を3段階に分けている。第一段階は、「一般的に信頼できる」情報源としてランク付けされた10月以前の評価である。

FireShot Capture 147 Wikipedia Reliable sources Perennial sources Wikipedia en.wikipedia.org

第2段階は、2020年10月から現在までのサイトの状態を表している。Wikipediaはまた、この期間にRed VenturesがCNETを買収し、さらに同サイトの「編集基準の悪化」を目撃し始めたことを指摘している。この観察は、最終的に「信頼性についてのコンセンサスなし」の評価を集めた。

最後に、第3段階はCNETを “一般的に信頼できない”とランク付けしている。Wikipediaは、このサイトがAIを使って不正確な情報と多くのアフィリエイト・リンクを掲載した記事を生成していることが原因であるとしている。

Futurismの取材に対し、CNETの広報担当者は次のように述べた:

「CNETは、技術に特化した偏りのないニュースとアドバイスを提供する世界最大のプロバイダーです。CNETが30年近く信頼されているのは、編集と製品レビューの基準が厳しいからです。CNETが新しいコンテンツを作るためにAIを積極的に使用していないことを明確にすることが重要です。再開する具体的な計画はありませんが、将来的な取り組みは当社の公開AIポリシーに従うことになります」。

他の編集者は、BankrateやCreditCards.com、ZDNetを含むRed Ventures傘下のすべてのサイトの信頼性評価を引き下げるべきだと提案した。しかし、ZDNetは依然としてWikipediaのページで最高の『一般的に信頼できる』評価を得ている。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする