なぜ人間はあなたが思っているほど自己中心的ではないのか?

The Conversation
投稿日
2023年10月31日 14:31
consideration

心理学や進化論について読んだことがある人なら、“人間はまるで世界が自分を中心に回っているかのように行動するように仕向けられているという考えを容易に持つ生き物だ”と考えるだろう。

しかし、私のチームの新しい研究は、人間が他の人々や彼らが考えていることに非常に敏感であることを示す、増えつつある研究の仲間入りをした。実際、我々の発見は、人は時として他人の信念に非常に敏感であり、それが自分が目撃した出来事についての自分の信念を覆すことがあることを示唆している。

心理学における一般的な主張は、人間は自己中心的な生き物であり、基本的に自分の信念に偏っているというものだ。実際、4歳くらいまでの子どもが、他人が自分と異なる信念を持ちうることをなかなか理解できない理由のひとつは、自分の信念を無視することが就学前の子どもには難しすぎるからだ。

もちろん、大人は他人が自分と異なる信念を持ちうることを理解している。しかし、私たちは社会的な場面で間違いを犯すことがある。他人が自分と同じ信念を共有していないことが明らかであるにもかかわらず、他人が自分と同じ信念を共有していると誤って思い込んでしまうのだ。

多くの心理学者は、このような間違いを、あらゆる年齢の人間が「自己中心的な偏見」を持っている証拠だと解釈している。しかし、私のチームの最新の研究は、それとは異なることを物語っている。

敏感であること

私たちの研究に参加した成人は、「目撃者」である2番目の人物が見ている間に、1人の人物が2つの箱の間で1組のキーを動かすビデオを見た。

いくつかのビデオでは、目撃者は鍵の最後の動きを見ていない。このような特定のビデオが終わるころには、参加者は鍵が最終的な場所にあると正しく信じていたが、目撃者は鍵が別の場所にあると誤って信じていた。このような重要なケースでは、参加者と目撃者は異なる信念を持っていた。

私たちは毎日、このような状況を経験している。他人が世界について自分と同じ信念を共有していないのだ。

他人の信念が自分の信念と異なる場合、その信念について考えるには、自分の信念を無視する必要があるかもしれない。しかし、人間が自己中心的に偏っているのであれば、自分の信念を無視することは容易ではないはずだ。

このことを検証するため、私たちはすべてのビデオの後に参加者に質問をした。いくつかの質問は、目撃者が鍵がどこにあると思っているかについての質問(「信念」質問)であり、他の質問は鍵の最終的な位置についての質問(「現実」質問)であった。

参加者はコンピューター上で質問を受け、マウスを使って2つの答えから選んだ。いくつかの質問では、正解は証人の信念を反映したものであった。他の問題では、正解は参加者が目撃した現実を反映していた。

私たちは、参加者が質問に答えるときにマウスをどのように動かしたかを追跡し、それぞれの選択肢にどの程度惹かれたかを知ることができた。もし大人が自己中心的に偏っているのであれば、自分の信念を反映した答えに魅力を示すはずである。

言い換えれば、参加者と目撃者が異なる信念を持っている場合、信念の質問に答えるとき、参加者は正解する前に、最初は(自分の信念を反映した)不正解の方にマウスを動かすと予想される。一方、現実の質問では、自分の信念を反映して、正解に向かってまっすぐ動くはずである。

しかし、これは我々が発見したことではない。76人の参加者を対象とした最初の研究では、信念の質問に答えるとき、参加者が自分の信念に引きつけられたという証拠はなかった。

さらに、現実の質問に答えるとき、参加者は自己中心的バイアスとは正反対の傾向を示した。彼らは、目撃者の誤った信念を反映する答えに惹かれることを示した。私たちはさらに2つの研究を行い、それぞれ76人の参加者を得たが、同様の結果が得られた。

このデータから、参加者は、たとえそれが間違っているとわかっていても、目撃者の信念を考慮せずにはいられなかったことが示唆される。

人間の本質

他の研究でも、同様の効果を示す証拠が見つかっている。他人が何を見たり信じたりしているかは、ある状況について自分が何を見たり信じたり記憶したりできるかに影響するようだ。実際、過去10年間で、私たちの認知が他者の存在によってどのように影響されるかを示す研究が大量に行われてきた。

私たちが知らないのは、なぜ大人は自己中心的に見えることがあり、他の状況では他者に敏感なのか、ということである。しかし、人間は基本的に自己中心的であるという主張が、私たちや他の研究のデータと一致しないことは分かっている。

このことは、人間の本性について、おそらくより希望に満ちた説明をしている。私たちは、自分の頭の中に閉じこもっている単なる個人の集まりではなく、互いに影響を与え、影響を受け合う超社会的存在の共同体なのだ。


本記事は、Richard O’Connor氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Why humans aren’t as egocentric as you might think – new research」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Copilot latest image New teams
    次の記事

    Windows 11 23H2 アップデートが配布開始、Copilot AIやファイルエクスプローラーのデザイン変更など

    2023年10月31日 14:51
  • 前の記事

    30兆トークンを持つオープンソースデータセット「RedPajama-Data-v2」が登場

    2023年10月31日 14:06
    red pajama
この記事を書いた人
The Conversation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • judgment

    犯罪を予測するアルゴリズムが監視し、配られたカードで私たちを判断する

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • neuralink inplant

    Neuralink、脳インプラントを埋め込まれた被験者がPCでチェスや『シヴィライゼーション VI』をプレイ出来たと発表

  • 054e66f4b04e57c58f391d7fd1f2bca6

    脳が「フロー」や「ゾーン」と言った超集中状態をどのように実現しているかが明らかになった

  • b6be93e86947a9e76001069ffb1fcfa9

    私たちの体内で発見されたウイルスのような”生物学的実体”である「オベリスク」を専門家が解説

今読まれている記事