あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

うるう年がなかったらどうなるのだろうか?

地球が1周するのに365日かかると聞き慣れているかもしれないが、実際には365日と4分の1日である。うるう年は、12ヶ月の暦と太陽の周りを回る地球の動きを一致させるのに役立っている。

うるう年は、12ヶ月の暦を太陽の周りを回る地球の動きと一致させるためのものである。うるう年には、この余った1日が2月に追加され、通常の28日ではなく29日となる。

4年に一度のうるう年という考え方は、古代ローマまでさかのぼる。古代ローマでは、月の周期と満ち欠けに基づいていたため、暦の日数は365日ではなく355日だった。彼らは、暦が季節とずれてきていることに気づき、足りない日数を取り戻すために、2年ごとにメルセドニウスと呼ばれる月を追加するようになった。

紀元前45年、ローマ皇帝ガイウス・ユリウス・カエサルは、エジプトで開発された暦をもとに太陽暦を導入した。4年ごとに2月が1日追加され、地球が太陽の周りを回る周期と暦が一致するようになった。カエサルにちなんで、このシステムは現在でもユリウス暦(Calendarium Iulianum)として知られている。

しかし、これが最後の微調整ではなかった。時代が進むにつれて、地球の旅は正確に365.25日ではなく、実際には365.24219日かかり、約11分短いことに気づいたのだ。つまり、4年ごとに丸1日を追加するのは、実際には必要以上の修正だったのだ。

1582年、ローマ教皇グレゴリウス13世はわずかな調整を行う命令に署名した。1700年や2100年のように100で割り切れる年、つまり400で割り切れる年以外は、4年ごとにうるう年があることに変わりはなかった。パズルのように聞こえるかもしれないが、この調整によって暦の精度はさらに高まり、それ以来、グレゴリオ暦として知られるようになった。

世界中の他の暦には、独自の時間の刻み方がある。ユダヤ暦は月と太陽の両方によって調整されており、19年周期の大きなパズルのようなものだ。時折、閏月が追加され、特別なお祝いがちょうど良いタイミングで行われるようになっている。

ヒジュラ暦はさらにユニークで、月の満ち欠けに従っており、余分な日数は追加されない。太陰暦の1年は約355日しかないため、ヒジュラ暦の主要な日付は太陽暦よりも毎年10~11日早く移動する。

例えば、イスラム教の断食月であるラマダンは、ヒジュラ暦の9月にあたる。2024年には3月11日から4月9日まで、2025年には3月1日から29日まで、2026年には2月18日から3月19日までとなる。

惑星から学ぶ

天文学は、私たちの身の回りの出来事を天体の現象と結びつけて、日常生活を理解する方法として生まれた。うるう年の概念は、古くから人類が混沌とした状況の中に秩序を見出してきたことを例証している。

古代の天文学者や空想家たちの創造的なアイデアから生まれた、シンプルで素朴だが効果的な道具が、私たちを包む自然を理解するための最初の一瞥を提供した。天体測定や天体のリストなど、古代の手法のいくつかは今日でも存続しており、自然を理解しようとする私たちの永遠の本質を明らかにしている。

ancient egypt papyrus
古代エジプト人は熱心な天文学者だった。この絵は、紀元前1479年から1458年頃に描かれた、エジプトの高官セネンムートの墓の天井にあったもので、星座、守り神、1日の時間と1年の月を表す24の輪が描かれている。(NebMaatRa/WikimediaCC BY)

私が研究している物理学や天文学の研究をしている人たちは、宇宙の仕組みや私たちの起源について本質的に興味を持っている。この仕事はエキサイティングであると同時に、非常に身の引き締まる思いがする。壮大な計画の中で、私たちの人生は広大な宇宙と時間の中でほんの1秒を占めるに過ぎないことを常に示している。


本記事は、Bhagya Subrayan氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Why does a leap year have 366 days?」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする