あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Virgin Galactic社、初の商業宇宙旅行でイタリア人を宇宙に飛ばす

およそ20年にわたる浮き沈みを経て、Virgin Galactic社は最初の顧客をVSSユニティ・ロケットプレーンで宇宙の果てへと送り出した。

本日行われた72分間のGalactic01便は、3人のイタリア人を乗せたサブオービタル研究ミッションで、ニューメキシコ州にあるスペースポート・アメリカでの同社の商業運用の開始を記念するものだった。

飛行士のうち2人、Walter Villadei大佐とAngelo Landolfi中佐はイタリア空軍の将校である。3人目のイタリア人、Pantaleone Carlucciはイタリア国立研究評議会のエンジニアである。クルーは、生物医学、熱流体力学、材料科学に焦点を当てた13の研究ペイロードを持ち込んだ。

Virgin Galacticの2人のパイロット、Mike MasucciとNicola PecileがVSSユニティの操縦席に座り、宇宙飛行士のインストラクターであるColin Bennettがイタリア人と並んで席に着いた。Kelly LatimerとJameel Janjuaの2人のパイロットは、スペースポート・アメリカからユニティを上空に運び、44,500フィートの高さからハイブリッド・ロケット・モーターに点火するために放出した双胴のVMSイブ機を操縦した。

ユニティの飛行は、最高高度52.9マイル(85キロ)に達した。これは、現在国際的に認められている宇宙空間の境界線となっている100キロの高さには届かないが、NASA、米軍、連邦航空局が宇宙空間の基準としている50マイルの高さをはるかに超えている。

宇宙飛行士たちは、実験の手入れをしたり、文字通り旗を振って遊んだりするだけでなく、無重力の中で数分間浮遊し、窓の外から宇宙の黒い空の下にある湾曲した地球を眺めることができた。

ロケット飛行機は滑走路に着陸するため、スペースポート・アメリカまで戻ってきた。「この画期的なコラボレーションは、イタリアを商業宇宙飛行の新時代へと押し上げ、この戦略的領域における技術革新を促進し、さらなる技術強化への道を切り開く先駆者となるものだ。

VSSユニティのフライトの定価は45万ドルだが、それは必ずしもイタリア人が支払った金額を反映しているわけではない。一方では、彼らは2019年にVirgin Galactic社とイタリア政府との間で結ばれた、定価がより低い取引に基づいて飛行した。一方、Virgin GalacticのMichael Colglazier CEOはCNBCのインタビューで、イタリア人のような研究顧客のチケット価格は、”一般的に、座席換算で1人あたり約60万ドルから”だと語った。

Virgin Galactic社は2004年、英国の億万長者Richard Bransonによって設立され、数年後にはサブオービタル宇宙旅行の提供を開始しようとしていた。しかし、開発には予想以上に時間がかかり、2007年には地上での死亡事故、2014年にはVSSエンタープライズ号とパイロットの1人が亡くなるなどの挫折を味わった。

同社は2018年、2人組のテストパイロットを初めて50マイルラインを越えて飛行させることに成功した。この画期的なミッションに続いて、Bransonを含むVirgin Galacticのスタッフのみが搭乗するテスト飛行が数回行われ、今日の初商業ミッションの舞台が整った。

Colglazierは、Galactic 01の飛行は、「民間の乗客や研究者のための宇宙への反復可能で信頼性の高いアクセスの新時代の到来」を告げるものだと述べた。Virgin Galactic社初の民間宇宙飛行士による宇宙飛行と銘打たれたGalactic 02は、8月に予定されている。

「我々は、VSSユニティが毎月の宇宙ミッションを継続すると同時に、将来の宇宙船フリートを世界的な観客のためにスケールアップすることに取り組むと期待している」とColglazierは語った。

商業宇宙飛行市場ではVirgin Galactic社だけではない:Jeff Bezosの宇宙ベンチャーであるBlue Originは、2021年半ばにニュー・シェパードの軌道下ロケット船で有料旅客機の運航を開始し、SpaceXはShift4のCEOであるJared Isaacmanと共同でいくつかの民間支援による軌道ミッションに取り組んでいる。


この記事は、氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする