あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

人工重力型宇宙ステーションを目指すVastがLauncherを買収

地球低軌道上に遠心力による人工重力を発生させる宇宙ステーションを建設することを目指すスタートアップのVast社が、革新的な「Orbiterスペースタグを製造するLauncher社を買収し、同社の技術を利用して宇宙ステーション計画を推進する一方、小型打ち上げ機の開発を終了したと発表した。

Vastの目標は、2030年に退役する国際宇宙ステーションに代わる恒久的に居住可能な宇宙ステーションを地球低軌道上に建設することだが、Vastの目指すものはかなり野心的だ。買収を発表した同社のプレスリリースによると、その計画は「国際宇宙ステーションの何倍もの体積」の宇宙ステーションを建設することだという。

一方、Launcherは、120名のチーム全員がVastに吸収され、Launcherの創業者Max Haot氏がVastの新社長に就任する予定だ。

「Launcherのチームは、地球を超え、人類の宇宙探査を推進するというVastのCEOであるJed McCalebのビジョンに参加するチャンスに飛びつきました」とHaot氏は述べている。

「Vastのチームに参加することで、現在Vastにいる経験豊富なエンジニアリングの専門家からなる素晴らしいチームと協力し、スペースタグやホストペイロード製品、高性能段階燃焼ロケットエンジンE-2などのこれまでの製品と技術をさらに追求、開発することができます。私たちの投資家、顧客、パートナーも全面的に支持しており、次の展開に期待しています。」と、Haot氏は付け加えた。

Mt.Gox暗号取引所の共同制作者Jed McCaleb氏によって2021年に設立されたVastにとって、この買収は大きな動きだ。現在、VastはMcCaleb氏が全額出資しているが、Launcherが開発したOrbiterペイロードにより、McCaleb氏はVastが自身の融資とは無関係に収益源を生み出すことを期待している。

「その時点で、より良い条件でより多くの資金を調達することができます」とMcCaleb氏はTechCrunchに語っている。Haot氏によると、Launcherは買収前にすでにいくつかの顧客と契約しており、買収前に議論されていた他の案件もおそらくVastが引き受けることになるだろうという。

現状では、VastとLauncherの間で、宇宙船に接近・離脱して顧客のペイロードを搭載できるOrbiterスペースタグが軌道に乗ったのは2023年1月初旬の1回のみで、Orbiterの電源システムが故障して失敗に終わったミッションである。

「何が悪かったのか、私たちは正確に知っています」とHaot氏はTechCrunchに語った。「我々は、バッテリーの期間中、完全に稼働していましたが、電源の問題のために、我々の顧客を配備するのに失敗しました。」

「だから、Vast、Jed、そして私たちは、実際に達成されたことを非常に誇りに思っています。今年はあと2回飛行する予定です。年末までに安定したプラットフォームとなる確率は非常に高いのです。」と、Haot氏は付け加えた。

Vastの計画は、Orbiterスペースタグが、Vastのステーション設計のための主要なシステムをテストするのに役立ち、最終的に実際の居住可能な宇宙ステーションへの道を開くというものだ。Vastが宇宙に送り出す予定の最初のステーションは、ISSのような微小重力ステーションだが、その後のステーションは、人間が長期的に居住するための人工重力を組み込んだものになる予定だ。

さらなる買収について、McCaleb氏はVastの未来にこれ以上多くの買収はないと考えている。「買収は通常、かなり失敗するものです。ほとんどの場合、今のチームとあと数人の人たちを合わせれば、かなりのことができるようになるでしょう。」

これには、業界の重鎮であるNorthrop GrummanやBlue Originとともに、NASAの商業用地球低軌道開発資金の入札を行うことも含まれています。Axiom Spaceは、すでにNASAと契約している別の宇宙ステーション企業で、別のプロセスで助成金を受け取っている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする