スタートアップが世界初の人工重力宇宙ステーション建設を発表

カリフォルニアに拠点を置くスタートアップ企業であるVast社は、宇宙空間における人間の生産性を高めるために、世界初の人工重力を実現した宇宙ステーションを開発することを明らかにした。同社は、優れたエンジニア、業界の専門家、航空宇宙エンジニア、SpaceX社の元副社長であるHans Koenigsmann氏からなるチームとともに、人々が宇宙で生活するだけでなく、仕事もできるような環境を作り出すことを目指している。

「Vastのミッションは、何百万人もの人々が太陽系を越えて生活する未来を実現することです。太陽系には膨大な資源があります。その資源を利用することができれば、地球を守りながら文明を発展させることができるのです。大勢の人間が宇宙で生活できるようになれば、それらの資源にアクセスするために必要な産業やインフラを大規模に作ることができるのです。」と、Stellar、Astera Institute、Ripple、eDonkey2000などのプロジェクトに携わった、Jed McCaleb氏はプレスリリースの中で述べている。

「私は常に、非効率を減らし、人間の状態を改善するために技術を活用することを信じてきました。宇宙での人類の居住を拡大するためには、持続可能性を完璧に実現する技術を創造しなければなりません」

同社の宇宙ステーションは、40人以上が滞在でき、長さは100メートルになる予定だ。

62f5a3b8512f15b6959d5c3c main 1 p 1080
Vastの人工重力宇宙ステーションイメージ(Image Credits: Vast)

無重力状態は弊害が多い

無重力に長時間さらされることで、筋肉の萎縮、骨の減少、さらには脳の損傷などの副作用が報告されている。McCaleb氏は、人工重力によって長期間のミッションに適した健康的な環境を提供することを目標に、大きな回転構造物によって発生する遠心力によって、重力に似た引力を発生させる宇宙ステーションを考案した。これは新しい物ではなく、古くから宇宙ステーションで人工的に重力(より正確には遠心力だが)を発生させる方法として、SFなどでも描かれており、読者も本などで下の様なイラストを見たことがあるかも知れない。

this is how nasa imagined space stations in 1970 000
人工重力を発生させる宇宙ステーションのイメージ図(Image Credits: NASA)

Vastの目標は野心的だ。同社は、この新しいエコシステムによって、太陽系内での人類の活動領域のさらなる拡張が可能になると示唆している。

企業が宇宙で人工重力を発生させる構造物を構築しようとしたのは、今回が初めてではない。2021年に、The Orbital Assembly Corporationが人工重力を備えた軌道上の宇宙ホテル「Voyage Station」を建設する計画も報告されている。

「私たちは今でも新しいフロンティアを渇望しており、多くの人が宇宙が解放される時を待ち望みながら人生を送っています。フロンティアを押し広げ、広大な宇宙空間へと居住地を広げることで、何千年、何世代にもわたって地球を守ることができるかもしれないのです」と、McCaleb氏は述べている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする