あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

ValveはSteam Deck 2の登場にはまだ2〜3年かかると述べている

Steam Deck 2の開発は行われているが、Valveは昨日発表した「Steam Deck OLED」が少なくとも2〜3年間は主要なSteam Deckシステムであり続ける事を確認している。

Steam DeckシリーズのプロダクトデザイナーであるLawrence Yang氏はBloombergとIGNに対し、次世代のSteam Deck 2を検討しているものの、そのリリースは差し迫っておらず、さらに2~3年かかる可能性があると伝えている。この遅れは、Valveが現行モデルからの移行を急いでいないことを示しており、おそらくその性能と市場での評判に満足しているためだろう。また、段階的なアップデートを推進するのではなく、新たな反復を正当化する技術的進歩を待っていることも示唆している。

この考えは、Valveの他の幹部も同じで、Jay Shaw氏はIGNとのインタビューで、「(Steam Deck 2の登場は)わかりません。しばらくかかるでしょう。かなり先になると思います。決まった日付はありません。私たちが興味深いと思うような形で技術が登場し、チームがその飛躍を本当に望むようになるのを待つつもりです。私たちはSteam Deckのこのバージョンをとてもとても誇りに思っています。これは私たちが最も満足しているものであり、顧客もそうでしょう」と、述べている。Shaw氏は、現在のOLEDモデルに満足しており、次のバージョンを開発するには適切な技術的機会を待つつもりだと強調した。この姿勢は、AsusのROG Allyのような新規参入企業との競争に直面しても、自社製品の現在の能力と市場での地位に対する自信を反映している。

さらに、Steam Deckが数百万台販売され、Steam Deck 2への期待が高まっていることをValveが認めたことは、ゲーミングハードウェア分野に対する同社のコミットメントを示すものだ。また、顧客基盤にメッセージを送り、継続的なサポートと開発が保証された既存のハードウェアへの投資を促している。

Valveの戦略は、革新性と市場の現実のバランスを取っているように見え、消費者行動と技術動向に対する鋭い理解を示している。次世代への移行を急がないことで、現在の成功を生かしつつ、有意義な革新を行う余地を与えているのだ。

「私たちはSteam Deck 2のことを常に考えていますが、これが私たちがやりたかったことの本当にハイエンドなものであることに、私たちはとても満足していると思います」とShaw氏は語った。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする