Metaの次世代MRヘッドセットはこんな形?「Project Cambria」の実機を元にしたとする非公式レンダリング画像がリーク

masapoco
投稿日 2022年4月11日 4:33
Project cambria render image

既に「Meta Quest 2」などの仮想現実(VR)ヘッドセットを発売しているMeta(旧Facebook)だが、現在複合現実(MR)にも対応したヘッドセットの開発に着手しており、そちらはコードネーム「Project Cambria」と呼ばれている。

YouTuberのSadlyItsBradley氏が、このProject Cambriaの製品モデルの写真を見ることが出来たとのことで、その写真を元に3Dモデラーと協力して制作したレンダリング画像を公開している。

実際にSandlyItsBradley氏は、自身が見たという写真を共有することは出来なかったが、今回公開したレンダリング画像はかなり精度の高い物だとのこと。

また、同氏によると既にこのMRヘッドセットは、「DVT設計検証試験)」に入ったとのことで、着実に生産に向けて進んでいるようだ。

SandlyItsBradley氏が公開したレンダリング画像を以下に示す。

同氏は、公開した動画の中で、フロントカバーの下に隠されたセンサーを含む4つのカメラのようなポッドについて言及しており、それによると、このポッドには2つのカメラと、何らかの深度センサーと推測される2つのセンサーが搭載されているとのことだ。

また、サイズも、現行のVRヘッドセットと比較してかなりコンパクトになっており、もしこのレンダリングが正確なものであるならば、Project Cambriaが過去のヘッドセットと比較して新しい光学系(おそらく「パンケーキ」スタイルの光学系)に移行している可能性が高いことを示している。

既にお伝えしているように、VRデバイスの「Meta Quest 2」後継機「Meta Quest 2 Pro」でもこれまでのフレネルレンズから変更されて「パンケーキレンズ」が採用されるとのことで、Metaは刷新された光学系の実用化に一定の目処が立ち、今回導入が進められると思われる。

このような情報や憶測の一部、さらにはデバイスの外観の多くは、昨年Meta社によって予告されたものだ。当時、同社はProject Cambriaが「高解像度の複合現実パススルー」、新しい光学系視線と顔のトラッキングトラッキングリングを廃止したコントローラ(おそらくオンボード・インサイドアウト・トラッキングに移行)を搭載するだろうと述べていた。

また、Project Cambriaは2022年に発売されるとのことだが、発売日や価格などの詳細については発表されていない。

噂されている「Oculus Quest 2 Pro」とは別の物になるのか、Project Cambriaが「Oculus Quest 2 Pro」になるのか不明だが、2022年はMetaにとってかなり忙しい年になりそうだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • apple watch workout
    次の記事

    iOS 16では通知とヘルストラッキングの「大幅な」改善が行われる可能性

    2022年4月11日 10:20
  • 前の記事

    Sonyの新型イメージセンサーIMX866の噂:1/1.49インチサイズで50MP

    2022年5月8日 4:30
    csm DCSnex5retractedleak 2f027cb47554

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事