Ubuntu Proの一般提供が開始へ

masapoco
投稿日
2023年1月27日 6:26
ubuntu logo

Canonicalは、Ubuntuインストールのセキュリティを強化することを目的としたサブスクリプションサービス、Ubuntu Proの一般提供を開始することを発表した。このサブスクリプションは、10月にベータ版として開始されたが、今回、正式に一般に利用が可能となった。

Ubuntu Proの主な利点は、長期サポート(LTS)Ubuntuリリースのサポートを5年から10年に延長できることで、これはUbuntuの新しいバージョンでは利用できない古いソフトウェアに依存している場合に最適だろう。

このサブスクリプションの一環として、Canonicalは、メインOS以外の追加パッケージ23,000個にも重要なアップデートを配信している。FedRAMP、HIPAA、PCI-DSSなどの制度に準拠しながら、「何千ものアプリケーションとツールチェーン」に対して、重要、高、および特定の中程度のCVEをカバーしています。

Ubuntu Proは、16.04 LTS以降のすべてのUbuntu LTSで利用可能で、個人で使用する場合は無料版を含むさまざまなレイヤーで取得することが可能だ。様々なレイヤーが用意されているが、標準的なUbuntu Proのサブスクリプションは、ワークステーションで年間25ドル、サーバーで年間500ドルで、Canonical経由で取得でき、30日間の無料トライアルが含まれている。

Ubuntu Proを個人または小規模な商用で使用したい場合、5台のマシン、またはUbuntuコミュニティの公式メンバーであれば50台のマシンで使用することができる。Ubuntu Oneアカウントにログインするか、無料のアカウントを作成するだけで、コンピュータのリンクに使用できるトークンが発行される。既に、Ubuntu 18.04 LTSがあと数ヶ月で寿命を迎えると報道されたが、Ubuntu Proを使用すれば、このUbuntuバージョンの寿命を2028年まで延長することが可能だ。

Canonicalの強化されたUbuntu Proサービスの詳細や加入を希望される方は、ubuntu.com/proをご覧頂きたい。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Odyssey Neo G7 dl1
    次の記事

    Samsung、43型ミニLED ゲーミングモニター「Odyssey Neo G7」を発売

    2023年1月27日 6:47
  • 前の記事

    DualSense Edgeのバッテリー持続時間が短いのはバッテリー容量が小さくなっているからだった

    2023年1月27日 6:00
    dualsense edge side
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • c5e833e59ed579a3407c03c16dabcb51

    AIを活用したLinuxカーネルの自動チューニングでパフォーマンスが大幅に向上

  • rust logo

    Windows 11だけでなく、LinuxもRust化が進んでいる

  • linux penguin

    Linuxの最新安定版「Linux 6.3」がリリース

  • digital wallet

    Linux Foundation、デジタルウォレット間の相互運用強化のため「OpenWallet Foundation」の立ち上げを発表

  • linux

    Linux Kernel 6.2がリリース

今読まれている記事