あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

米軍、未確認物体4機目を撃墜、宇宙人説を否定せず

土曜日にアメリカとカナダが共同でカナダ領空に近い「高高度飛行物体」を撃墜した直後に、アメリカは大統領の命令で、ミシガン州のヒューロン湖上空で別の未確認飛行物体を撃墜した。

わずか1週間余りの間に、米軍が北米の空域で物体を撃墜したのは4度目となった。最初の事件は2月4日に起こった。サウスカロライナ州沖で、監視気球とされる中国の巨大な気球がF22戦闘機によって撃墜されたのである。

2回目の事件は2月10日、米軍の戦闘機がアラスカ北部沖で物体を墜落させた。軍によると、それは「米国領海上の米国主権空域内」であったという。

紐の付いた八角形の無人構造物を発見

防衛当局は、この物体を紐の付いた無人の「八角形の構造物」だと説明している。現地時間14時42分、F16戦闘機から発射されたミサイルによって撃墜された。まだ、軍事的な脅威とは判断されていない。国防総省の声明によると、今回の物体は20,000フィート(6,100m)上空を移動していたため、民間航空輸送に支障をきたした可能性があるという。

Reutersによると、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)と北部司令部の責任者である米空軍のGeneral Glen VanHerck将軍は記者団に対し、軍は最新の3つの物体を特定できておらず、上空の滞在方法やその所在を特定できていないと述べたという。

空飛ぶ物体が地球外生命体に由来する可能性があるかという質問に対し、VanHerck氏は次のように述べた。「情報機関や防諜機関が解明してくれるだろう。私は何も断定していない。」

「この時点で、我々は北米に接近するすべての脅威、または未知の潜在的脅威を評価し、それを特定する試みを続けている」と彼は日曜日に国防総省のブリーフィングで述べた。

地球外生命体説もまだ除外されていない

昨年、何百ものUFO目撃の新しい報告が調査された。しかし、宇宙人が地球を訪れたり、地球に不時着したりしたという確かな証拠は何も得られなかった。

国防次官(情報・安全保障担当)のRonald Moultrie氏は2022年12月、記者団に対し、知的宇宙人の存在を示すファイルを何も見ていないと語っている

「私は、これまでのところ、宇宙人の訪問、宇宙人の墜落、あるいはそのようなことがあったことを示唆するものは何も見ていない」とMoultrie氏は語った。

「私たちが風船ではなく、物体と呼んでいるのには理由があります」とVanHerckは述べている。

破片の回収作業も進行中

中国の気球の破片は大西洋の7マイル(11キロ)の範囲に散らばっており、軍事画像では大きな破片を回収していることが確認された。アラスカ州デッドホース付近の海氷上にある第2の物体とユーコン州にある第3の物体の回収作業が進行中である。

一方、ミシガン州のヒューロン湖の極寒の水に対応する特殊な潜水具を装備した米軍兵士が、破壊された第4の物体の破片を捜索するために近々投入される予定である。最近の目撃情報は、安全保障上の懸念を高め、中国との関係を悪化させている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする