あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Type One Energyが2900万ドルを調達し、異形の核融合装置の開発に取り組む

ウィスコンシン州を拠点とする新興企業Type One Energyは、ステラレータと呼ばれる奇妙な核融合装置の商業化を目指し、2,900万ドルの資金調達を完了したと発表した。

Microsoftの共同創業者Bill Gates氏が設立した20億ドルのクリーンエネルギー・ファンドであるBreakthrough Energy Venturesは、TDK VenturesとDoral Energy Tech Venturesと提携して、この投資ラウンドを共同主導した。その他、Darco、Grantham Foundation、MILFAM、Orbia Ventures、Shorewind Capital、TRIREC、Vahocaが出資している。

ステラレータ核融合装置は、核融合が起こるプラズマを閉じ込めるために、プレッツェル状の磁石のトーラスを使用している。フランスにある数千億円規模の核融合実験炉「ITER」のために建設中の巨大なトカマクや、最近エネルギー生産のマイルストーンを達成したカリフォルニア州の国立点火施設のレーザーブラスト装置などとは明らかに異なる設計になっている。ステラレータを “地獄で設計された核融合炉”と呼ぶ人もいるほどだ。

ステラレータは、ねじれた構造のため、大電流を流すことなく安定した磁場を作り出し、プラズマを閉じ込めることができる装置だ。プラズマ物理学研究所では、1950年代からステラレータを製造している。2015年にドイツで運転を開始した10億ドル規模のWendelstein 7-X炉は、現在、ステラレータタイプの世界最大の実験用核融合装置である。

ITERやWendelstein 7-Xのような実験と並行して、商業ベンチャーは核融合を利用する夢を追い求めている。これは、アルバート・アインシュタインの有名なE=mc2方程式に従って、太陽に力を与える現象である。核融合は、世界の海から取り出した重水素月で採掘したヘリウム3などを燃料とする、比較的クリーンで二酸化炭素を排出しないエネルギー源として注目されている。しかし、実用的な核融合発電所を開発するのは悪魔のように困難である。

商業的な核融合の計画は、通常、わずかな質量を直接エネルギーに変換できるほどの高い圧力と温度で、原子やイオンをぶつけ合うことを想定している。Fusion Energy Baseには、AgniからZapまで、Breakthrough Energy Venturesのポートフォリオに含まれるCommonwealth Fusion Systemsという新興企業も名を連ねている。しかし、Type One Energyは、このリストに掲載されているステラレーターを中心とした2社のうちの1社だ。(もう1社はRenaissance Fusionだ)。

Breakthrough Energy Venturesの投資委員会を共同主宰するCarmichael Roberts氏は、ステラレーター技術に数百万ドルの賭けをする価値があるという。

「核融合は究極のエネルギー源であり、その商業化の成功は、すべての人にクリーンで豊かなエネルギーを提供するための大きな飛躍となります。Type One Energyのステラレータ開発プロジェクト遂行能力を含むステラレータ科学の進歩は、今後数十年の間にグリッド上で実用的な核融合を実現する非常にエキサイティングで有望な道のりの基礎を提供します」と、Roberts氏はプレスリリースで述べている。

今回の資本注入に伴い、Christofer Mowry氏がType One EnergyのCEOに就任することになった。Mowry氏はBreakthrough Energy Venturesの核融合に関する上級顧問であり、以前はBC州バンクーバーに本社を置くGeneral FusionのCEOを務めていた。彼は、Type Oneが “特別な機会を提供する”と述べている。

「このチームの知識と信頼性により、タイプ1はステラレータ関連技術における最近の世界的な進歩を効果的に統合し、コストのかかる大規模な科学検証装置なしで核融合発電所を提供できるユニークな能力を備えています」とMowry氏は述べている。

今回発表された資金調達により、Type Oneの2019年の創業以来の投資総額は3,070万ドルに達した。Type Oneは、追加された支援により、現在10人未満のフルタイム従業員を抱える同社の急速な拡大を後押しすると述べている。

同社のパートナーには、マサチューセッツ工科大学のプラズマ科学・核融合センターが含まれている。同センターのディレクターであるDennis Whyte氏は、「HTS高磁場核融合磁石のステラレータ技術への優位性を実現するために、Type One Energy社と協力することを楽しみにしています」と述べている。

Type Oneは、実用化の目標時期を明示していないが、実用的な核融合発電所(FPP)を開発するためのFusionDirectのスケジュールは、今後10年間で展開されると述べている。

Type Oneは、電子メールによる声明の中で、「同社は、今後数年間で、比較的低コストだが高性能のステラレータ・リスク低減プラットフォームを構築します。RRPテストベッドは、FFPのエンジニアリング設計の選択肢を検証し、ステラレータのプラズマ物理モデルとシミュレーションの忠実度を確認するために使用されます。RRPテストベッドは、すでに始まっているFPPの設計・開発という主要なミッションをサポートします」と、述べている。

商業用核融合発電所を立ち上げるには、2,900万ドル以上の資金が必要なのは言うまでもないが、今回発表された資金により、Type Oneは振り出しに戻ることができるだろう。


この記事は、ALAN BOYLE氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする